Win10-20H2に向けてESET製品のバージョンアップ作業

2020年11月中ほどから、Windows向けESET製品でバージョンアップを促すセキュリティアラートが表示されますよ、という告知がされていました。

これは、Windows10が今後廃止を予定している機能(OSとの通信に使用しているインターフェイス、SHA-1、クロス証明書)による影響があるためで、OSのバージョンアップとともに、ESET製品のプログラムバージョンアップもお願いしますね!というもの。

いずれも法人向け製品が対象なので、個人向け製品には全く関係のないお話です。

バージョンアップ対象は全PC

うちの会社では、ESET Endpoint Security(以下EES)、ESET File Security for Microsoft Windows Server(以下EFS)、ESET Management Agent(以下EMA)がこの影響を受けました。

対象となるバージョンは、EESがV7.1以前、EFSがV7.0、EMAがV7.1以前とのこと。クライアントPCのほとんどは、いずれもV7.0かV7.1で動いていて、EFSはV7.0なので、社内全てのPCがバージョンアップ対象に。いやぁ、大変だぁ!

いろいろ事情があってリモートでは対応できないので、1台1台全て1人で回り、バージョンアップ作業を行うことになりました。

ESET製品更新までの道のり

さっそくバージョンアップ作業を進めていくのですが、まず現在のESETの状況から。

新しいバージョンがあります

最新バージョンの製品を使用していない、ということで、「新しいバージョンがあります」というアラートが表示されていました。

まずはこのアラートを消すために、最新版のEES V7.3.2044.1をインストールします。ESET Security Management Centerで作成したインストールパッケージを使ってインストールです。インストール手順は省略。

最新版のEESをインストール後、PCを再起動すると、アラートの内容が変わりました。

ESETプログラムのバージョンアップのお願い

今度は「ESETプログラムのバージョンアップのお願い」というアラート。あれ、たった今、EESをアップデートしたばかりなのに?

ここで言われているESETプログラムというのは、どうやらEMAのことを指しているようです。EMAはインストールパッケージで更新されないので、ESETのユーザーズサイト(法人向けサーバ・クライアント用製品)からダウンロードしてきます。

「ESET Endpoint Protection Advanced ユーザーズサイト」の「プログラム/マニュアル」タブをクリックし、「最新バージョンをダウンロード Windows/Mac/Android」という青いボタンをクリック。「ESET Management エージェント」というセクションから、最新版EMA V7.2.1267.0の「ダウンロード」ボタンをクリックです。

ダウンロードが完了したら、早速インストールを行います。

基本的に、そのまま「Next」ボタンをクリックしていけばいいですが、現在の設定を残したい場合は、Agent ConfigurationとPeer Certificationで「Keep currently used connection information」にチェックを入れるのをお忘れなく。「Keepにチェックを2回!あとはそのまま!」と覚えておけば大丈夫かと。

EMAのインストール(バージョンアップ)が完了すると、アラートが消えました。

アラートが消えた

これでESET製品のバージョンアップ作業は終わりです。

このままでもいいのですが、ついでにWindowsの更新プログラムも適用しておきましょう。

Windows10の更新

Windows Updateを開き、以下のような表示があれば、Windows10 バージョン20H2に機能更新が行えます。更新できない理由がなければ、更新を行っておきましょう。

Windows10バージョン20H2への更新

「ダウンロードとインストール」をクリックすれば、あとは自動でダウンロードからインストールまで行ってくれます。途中再起動がありますので、作業中の方はご注意を!

この記事を書いている2020年12月15日現在、まだ全ての環境でバージョン20H2をインストールできる訳ではないようです。

Windows10の更新待ち表示

この画面を撮ったPCの場合、「Version 2004」や「May 2020 Update」と書かれているので、バージョン20H2ではなく、ひとつ前のことを指しているようです。20H2は「October 2020 Update」ですもんね。

5月の更新データがまだ届かないなんて。

そうそう。環境によっては、Windowsの更新に数時間かかることもあるので、寝る前や退勤前に仕掛けておくといいかもしれません。

さいごに

ということで、Windowsの更新にまつわるESETの製品プログラムバージョンアップ手順でした。

ここでは書きませんでしたが、ちゃんとWindows ServerのEFSも最新版に更新しておきましたよ。EFSに関しては再起動が必要なかったので助かりました。WindowsUpdateや他の製品のアップデートでは、再起動を求められることが非常に多いんですもの…。

まだ期間的に余裕はありますが、なるべく早く対応しておきたい案件でした。

初稿:2020年12月15日