Sylpheedの移行、Windows7とWindows10では一部保存先が違うので注意

PCの買い替えなどで環境の移行をしやすいように、昔からDドライブに専用の場所を作ってパーソナルデータを保存しています。

メールも例外ではなく、Sylpheedの保存先をDドライブの専用の場所にしています。

Windows7では、その場所にメールデータやアドレス帳データが保存されましたが、Windows10になったせいか、アドレス帳データがメールデータと同じ場所に保存されなくなりました。

Sylpheedのフォルダ一覧やメニューなどのフォントを指定するための gtkrc というファイルも保存場所が変わっていて、C:\Program Files (x86)\Sylpheed では認識しなくなっています。

なお、今回のOS移行では、Windows7でも、Windows10でも、Sylpheed 3.7.0(Build 1185)を使用しています。

スポンサーリンク

保存先がユーザーフォルダの下に

アドレス帳データも、フォント指定ファイルも、以下の場所に置くと反映されます。

C:\Users\[ログオンユーザー名]\AppData\Roaming\Sylpheed

でも、メールデータの場所はそのままDドライブでいけました。

D:\PersonalData\Mail\Sylpheed

アドレス帳の場所って、以前のようにメールデータと同じフォルダに変更できないのかな~。

gtkrcの設定

ちなみに、自分のお気に入りの設定は以下の通り。

style "edit-font" {
    font_name = "MS PGothic 9"
}
widget_class "*" style "edit-font"

なんだかんだで、見慣れているMSゴシックが自分には一番見やすいフォントでした。VLゴシックがもうちょっと行間狭ければなぁ。

初稿:2019年3月12日
スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー