Windows10のフォトビューワーの色がおかしいよ

Windows上で画像ファイルを開く場合、Windowsフォトビューワーが使いやすかったので、Windows10になってもフォトビューワーを使っています。

しかし、フォトビューワーで画像を開くと、なんだか全体的に黄色っぽい。透過画像は透明部分が黄色くなる、など、元の画像がそのまま表示されていないような感じ。

どうやら色の管理が悪さをしているようなので、直してみます。

ちなみに、Windows7からアップグレードした環境ではフォトビューワーが使えますが、最初からWindows10がインストールされた環境では、フォトビューワーが使えない設定になっています。以下の記事でフォトビューワーを使えるようにする方法を紹介していますので、参考にどうぞ。

Windows7では、Windowsフォトビューアーを使って画像ファイルを表示していました。 Windows10にしたところ、Windowsフォトビューアーが...

色の管理を変更する

Windowsで管理している「色のプロファイル」というものを変更して、黄色っぽかったり暗くなってしまう現象を直してみます。

Windowsの設定を開く

スタートメニューからギアのアイコン「設定」を開きます。

Windowsの設定画面から「色の管理」を検索

「設定の検索」欄に、「色の管理」と入力し、表示された候補から「色の管理」をクリックします。

色の管理画面

色の管理画面が表示されるので、「このデバイスに自分の設定を使用する」にチェックをつけ、左下の「追加」をクリックします。

カラープロファイルの関連付け画面

カラープロファイルの関連付けという画面が表示されるので、リストの中から「sRGB IEC61966-2.1」を探して選択し、右下の「OK」をクリックします。

色の管理画面で既定の設定

色の管理画面に戻るので、先ほど選択した「sRGB IEC61966-2.1」を選択状態にし「既定のプロファイルに設定」をクリックします。

「sRGB IEC61966-2.1」の項目に「(既定)」が追記されたことを確認しただ、「閉じる」をクリックして設定を閉じます。

あとはWindowsを再起動すれば、正しい色合いで表示されるようになっているはずです。

お試しあれ!

ちなみに…プロファイルを全て削除しても同様の効果が得られたので、上記設定が面倒だな、と感じたら、全てのプロファイルを削除してしまってもいいかもしれません。プロファイルが無い状態が、状態として正しいのかどうかはわかりませんが…。

初稿:2020年6月6日