XserverDriveを使ってクラウドストレージでファイル共有

例えば2TB程度のファイルサーバでファイル共有をしていたとします。

ファイルサーバは本社に設置されています。

本社以外に、拠点(支店や営業所など)が複数あったとすると、各拠点から本社のファイルサーバに接続するには、本社と各拠点ごとにVPNルータで接続する必要があります。

ウチの会社がそんな感じ。

ファイルサーバの維持費(5年ごとの入れ替えや保守管理)、拠点の数だけかかるVPNルータの設置費用と保守管理、そしてバックアップの問題、どれも決して無視できない問題です。

そこで、いっそファイル共有はクラウドストレージで賄えないかと考えたのですが、クラウドストレージってそれなりに維持費がかかるんですよね。

でも、割と安価で使えそうなサービスがあったんです。このブログでもお世話になっているXserverの法人向けクラウドストレージ「Xserverドライブ」というものが。

Xserver Driveのイイところ

Xserverドライブのイイところは、何といってもユーザーを無制限に追加できるところ。

他のクラウドサービスはユーザーごとの課金だったり、ユーザー数が限られていたりしますが、Xserverドライブは無制限。これだけでも大きなメリット。

しかも、この記事を書いている時点で、容量2GBまでは無料。HDD1TBプランが月額2,970円~、HDD2TBプランが月額5,940円~、HDD4TBプランが月額11,880円~と、他のサービスに比べたらかなりお安い。(36ヶ月分一括払いの場合の月額相当)

もし速度を重視したいのであれば、容量は半分になりますがSSDプランもあるので、状況に応じて使い分けられるのもイイですね。

全プランWebDAVにも対応しているので、マウントして使えばまるでローカルドライブのように使えるのもイイところ。

イイことばかり書いていますが、個人的にはデメリットがあまり感じられないんです。

法人向けクラウドストレージですが、もちろん個人利用も可能です。用意されている機能が法人向け、ということなんでしょう。

アカウントの登録

Xserverドライブは、2GBまで使用できるフリープランが無料で使えますので、まずはフリープランで使い心地を確認してみるといいかもしれません。

Xserverドライブのサイトの上部に「お申し込み」という黄色いボタンがあるのでクリック。

XserverDrive公式サイト

お申し込みページが開くので、「初めてご利用のお客様」の「すぐにスタート!新規お申込み」という黄色いボタンをクリック。

XserverDrive申し込み画面入口

ご希望のサーバIDとプランを選択してください、というページに移動するので、サーバIDを確認または「自分で決める」をクリックして希望のIDを入力。プランは後から変更できるので、とりあえず「フリープラン/2GB」を選択。一番下の「Xserverアカウントの登録へ進む」という黄色いボタンをクリック。

XserverDrive申し込み画面1

お客様情報入力ページに移動するので、必要事項を入力し、「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」の同意にチェックを入れたら、「次へ進む」という黄色いボタンをクリック。

XserverDrive申し込み画面2

入力したメールアドレス宛に確認コードが届くので、メールに記載されている確認コードを入力し、「次へ進む」という黄色いボタンをクリック。

入力内容確認ページに移動するので、内容を確認し、問題がなければ「この内容で申込みする」という黄色いボタンをクリック。

XserverDrive申し込み画面3

以上でアカウントが登録されます。

ファイル共有の設定

個人的に使う場合は、登録されたアカウントだけあれば特に問題なく使えますが、複数人で使いたい場合や、会社内で使う場合は、ファイル共有するための設定が必要です。

ここでは、小規模の企業で使うことを前提にして、設定例を紹介してみます。

ストレージ管理パネルにログイン

登録されたアカウントでストレージ管理パネルにログインします。

ストレージ管理パネルログイン画面

グループの作成

まずは、グループを作成します。グループ=部署、もしくはチーム単位だと考えていただいて問題ないかと。

管理画面の右上にある自分のアイコンをクリックし、「ユーザー」をクリックします。

ユーザー設定画面へ

左側メニューから「グループを追加する」をクリックします。

グループ追加

グループ名が入力できるようになるので、希望するグループ名を入力し「→」をクリックして登録します。今回は「総務部」「営業部」「開発部」「サポート」の4つを作成してみました。

グループ追加後

ユーザーの作成

続いて、ユーザーを作成します。これはそのまま、社員のアカウントとして使用します。

左側メニューから「新しいユーザー」をクリックします。

新しいユーザー追加をクリック

登録するユーザー情報を入力し、最後に右側のチェックマーク(青いボタン)をクリックします。

新しいユーザー追加画面

ユーザーIDは、ログインIDになります。
表示名は、社員の名前を。
パスワードは、できるだけ複雑なものを。
メールには、社員のメールアドレスを。
グループは、先ほど作成したグループから、社員の所属部署を。
グループの管理者は、一般社員は「通常ユーザー」を、所属長・部署長は「管理者」を。
クオータは、その人が使用する容量に制限をかける場合は容量を指定。通常は「デフォルト」もしくは「無制限」で良さそう。

これを社員の人数分登録します。

共有フォルダの作成と権限

次に、共有フォルダを作成します。

管理画面の右上にある自分のアイコンをクリックし、「設定」をクリックします。

アカウント設定画面へ

左側メニューの「グループフォルダー」をクリックします。

グループフォルダーをクリック

共有するフォルダの名前を入力し「作成」をクリックします。ここでは全社員が使用できる「共有」と、総務だけが使用できる「総務」を作成します。

グループフォルダーの作成

グループフォルダーが作成されたら、全社員が使用できる「共有」の「グループ」では、全てのグループを、総務だけが使用できる「総務」のグループには「総務部」だけを指定します。

グループフォルダーの権限設定

グループごとに書き込み権限、共有権限、削除権限を指定できます。共有権限は外部(社外)と共有できてしまうためチェックを外し、書き込みと削除は全員ができるようにしています。

これで、総務部の人は「共有」と「総務」フォルダを、それ以外の部署に所属の人は「共有」フォルダだけが使用できるようになりました。

ドライブとしてマウントする

ここまで設定ができたら、あとはドライブとしてマウントすれば、ローカルドライブと同じように使えます。

管理画面の左下にある「設定」をクリックし、WebDAVのアドレスを取得します。

WebDAVアドレスの確認

Windowsのエクスプローラーを開き、「PC」を右クリックして「ネットワークドライブの割り当て」をクリックします。

ネットワークドライブの割り当て

ドライブはお好きなものを選択し、フォルダーにWebDAVのアドレスを指定します。

ドライブ文字とアドレスの指定

ユーザー情報を聞かれるので、Xserverドライブのユーザー情報を入力し、「OK」をクリックします。

WebDAVユーザー情報の入力

ユーザー情報が間違っていなければ、ネットワークドライブとして登録されます。

ネットワークドライブ追加完了

ドライブ名称は、ドライブ名を右クリック→名前の変更、で変更できますのでご自由にどうぞ。

ちなみに、毎回手動でネットワークドライブとして登録するのは面倒なので、以下のようなVBSスクリプトを組んでスタートアップにいれておけば、Windows起動時に自動で登録してくれるので、クラウドドライブということを意識することなく使えますよ。

Option Explicit
Dim objNetwork, objShellApps
Set objNetwork = CreateObject( "WScript.Network" )
Set objShellApps = CreateObject( "Shell.Application" )

objNetWork.MapNetworkDrive "Z:", "WebDAVのアドレス", False, "ユーザー名", "パスワード"
With objShellApps.NameSpace( "Z:" ) .Items().Item().Name = "ドライブ名称"
End With

Set objShellApps = Nothing
Set objNetwork = Nothing
WScript.Quit(0)

ファイル名は「mountXserverDrive.vbs」とでもしておきましょうか。

スタートアップフォルダの開き方は、Windowsキー+Rでファイル名を指定して実行するウィンドウを開き、「shell:startup」と入力して「OK」です。

スタートアップフォルダの開き方

グループフォルダごとにマウントする

上記の方法でマウントした場合ルートフォルダが起点になりますので、ドライブを開くとグループフォルダが並んでいる状態になります。

そうではなく、グループフォルダごとにドライブを分けてマウントしたい場合は、WebDAVアドレスの後ろにグループフォルダ名を付与します。。

グループフォルダ「共有」をマウントする場合のWebDAVアドレス例
https://????????.xdrive.jp/remote.php/webdav/共有/

VBSスクリプトの記載例
objNetWork.MapNetworkDrive "Z:", "https://????????.xdrive.jp/remote.php/webdav/共有/", False, "ユーザー名", "パスワード"
グループフォルダ「総務」をマウントする場合のWebDAVアドレス例
https://????????.xdrive.jp/remote.php/webdav/総務/

VBSスクリプトの記載例
objNetWork.MapNetworkDrive "S:", "https://????????.xdrive.jp/remote.php/webdav/総務/", False, "ユーザー名", "パスワード"

こうすると、Sドライブはグループフォルダ「総務」の中が、Zドライブはグループフォルダ「共有」の中が直接開けるようになります。

PCの空き容量に注意

ストリーミング系のクラウドストレージ全般に言えることだと思いますが、注意点がひとつ。

WebDAV経由で取り扱うファイルのサイズが大きい場合は、自分のPCの空き容量にも気を付けてください。

クラウドストレージをWebDAVでマウントしている場合、マウントしたクラウドストレージ(当記事の例ではSドライブやZドライブ等)にファイルをコピーしようとすると、まず自分のPCのキャッシュ(ファイルを一時的に保管するエリア)にファイルがコピーされ、少し遅れてクラウドストレージ上にアップロードが始まります。

ですので、例えば500GBのファイルをクラウドストレージにコピーする場合は、自分のPCにも500GB以上の空き容量がないと、容量不足エラーになってしまうということです。

言い換えると、大きな容量のファイルをコピーしようとして容量不足のエラーが出た場合は、クラウドストレージの容量不足ではなく、自分のPCの容量不足の可能性もある、ということになります。ご注意を。

また、PCの空き容量に関わらず、ファイルサイズが約50MBを超える場合、ファイル操作をしようとするとエラーが発生する場合があります。これはWindowsによる制限が絡んでくるのですが、解決方法は別記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

先日使い始めたXserverドライブですが、その後問題が発生しました。 それは「ファイルサイズが大きなファイルを開こうとするとエラーになる」というもの。 具...

さいごに

クラウドストレージを個人で使用する分には、GoogleのGoogleDriveや、MicrosoftのOneDriveでも十分だと思います。

でも、法人で使用するなら、ユーザーの管理とファイルの共有は最低限必要な機能。そして、それらをできれば簡単に使いたいもの。

ある程度安定して使えて、しかもコストはできるだけかからないように、と考えたら、XserverDriveが今のところはベストかな。

まだ使い始めて日が浅いので、今後何かしら不満が出てくる可能性はありますが。

ということで、XserverDriveの登録から導入までのメモメモでした。

お疲れ様でした!

初稿:2022年1月27日