WindowsやOfficeのイメージファイルをダウンロードする

Windowsはともかく、最近のOfficeはメディアが付属していなくて、マイクロソフトのサイトからダウンロードする形式になっています。

それはそれで公式サイトにログインしてダウンロードすればいいのですが、ちょっと古いOfficeだとか、Windowsのインストールディスクが必要になったとき、手元にない場合に重宝するサイトがありました。

その名は「HeiDoc.net」。

イメージファイルのリンク集的サイト

HeiDoc.netには、WindowsやOfficeなどのダウンロード用イメージファイルへのリンクがまとめられています。

いずれもマイクロソフトの公式サイトへのリンクなので、海賊版だったりウィルス入りだったらどうしよう、なんて心配は不要。

サイトのリンクから直接ダウンロードするだけでなく、ダウンロード用のアプリまで用意されているので、インストールディスクを持っていたとしても、イメージファイル化する手間が省けますね。

ここでは、アプリを使ってイメージファイルをダウンロードするところまでをメモメモ。

サポートツールの準備

まずはHeiDoc.netへ行きましょう。

上部メニューの「Technology & Science」をクリックします。

Technology&Scienceをクリック

遷移先ページをスクロールし、「Microsoft」をクリックします。

Microsoftをクリック

遷移先ページをスクロールし、「Microsoft Windows and Office ISO Download Tool」をクリックします。

DownloadToolをクリック

遷移先ページから、ダウンロードサポートツール「Windows-ISO-Downloader」をダウンロードします。

WindowsISODownloaderをダウンロード

ダウンロードしたファイルは、インストールすることなく、そのまま実行できます。心配な方はウィルスチェックしてから起動してみてください。

WindowsISOダウンローダを起動

ウィンドウ左側にも書かれていますが、ディスクイメージファイルをマイクロソフトからダウンロードするためのサポートツールですので、安心して使用できますよ。

サポートツールをダウンロードするページに直接飛びたい場合は、下記リンクからどうぞ。

サポートツールの使い方

使い方は非常に簡単です。

例えば Windows 10 のイメージファイルをダウンロードしたい場合は、右側の「Windows」タブ内から「Windows10」をクリックし、エディションを選択。

Windowsイメージファイルをダウンロード

例えば Office 2019 Personal のイメージファイルをダウンロードしたい場合は、右側の「Office」タブ内から「Office 2019」をクリックし、エディションと言語を選択して「ダウンロード」ボタンをクリック。

Officeイメージファイルをダウンロード

いずれの場合も、ダウンロードボタンをクリックするとブラウザが起動し、ダウンロード処理が始まります。

イメージファイルを使う

イメージファイルのダウンロードが完了したら、ファイルを右クリックして「マウント」すれば、そのままインストールすることができます。「ディスク イメージの書き込み」を選択すれば、メディア等に書き込むこともできます。

イメージファイルをマウントor書き込み

当然ですが、イメージファイルからインストールしても、正しくライセンス認証をしなければ(有効なラインセンスを持っていなければ)ダメですよ!

以上で今日の作業は終了です。お疲れ様でした!

初稿:2022年4月27日