ムームードメインで管理しているドメインをXserverへ移管する

ドメイン移管ネタが続いていますが、今回はムームードメインからXserverへgTLDドメイン(.comや.net等)を移管したいと思います。

今回はXserverビジネスではなく、個人向けのXserverレンタルサーバでの話になりますが、ビジネスでもレンタルサーバでも、画面構成や操作手順に大きな違いはありません。

ムームードメインからの転出申請

まず最初に、ムームードメインでドメイン転出申請を行います。今回は「.com」と「.net」ドメインを転出します。

Whois情報代理公開の解除

Whois情報公開代行を設定している場合は、これを解除する必要があります。解除しないと、ドメイン移管に関するメールが全てムームードメイン側に届いてしまいます。

ムームードメインのコントロールパネルにログインし、TOPページから移管したいドメイン名をクリックします。

移管したいドメイン名をクリック

ドメインの詳細画面に移動しますので、WHOIS情報セクションの「WHOIS情報変更」ボタンをクリックします。

WHOIS情報変更ボタンをクリック

「弊社の情報を代理公開」にチェックが入っている場合は、「お客様の情報」にチェックを入れ、「変更する」ボタンをクリックします。

「お客様の情報」で公開

AuthCodeの確認

Whois情報代理公開を解除した後、ドメインの詳細画面に戻ると、AuthCodeが確認できるようになっています。

AuthCodeの確認

Xserverドメインへの転入申請

ムームードメインでAuthCodeが取得できたら、Xserverドメインに転入します。

Xserver側の受け入れ手順については、以下の記事で紹介していますので参考にしてください。お名前.comからの移管記事はgTDLドメイン(.comや.netなど)、さくらインターネットからの移管記事はJPドメインでの手順です。

さくらインターネット(さくらのレンタルサーバ)からXserverビジネスへサイト移行することを機に、ドメインもXserverで管理できるように、お名前.comか...
さくらインターネット(さくらのレンタルサーバ)からXserverビジネスへサイト移行を行った際に、さくらインターネットで取得したドメインを使用しているサイトがあ...

トランスファー申請の確認

ムームードメインから届くトランスファー申請の確認は、お名前.comさくらインターネットと大きく違いがありません。

トランスファー申請を行ったあと、ムームードメインから「【重要】トランスファー申請に関する確認のご連絡」というメールが届きます。

トランスファー申請に関する確認のご連絡

メールに記載されているURLにアクセスし、他社へのドメイン移管についての承認を行います。移管したいので「承認する」ボタンをクリックします。

他社へのドメイン移管承認フォーム-承認

確認画面が表示されますので、問題なければ「決定」ボタンをクリックします。

他社へのドメイン移管承認フォーム-確認

承認が完了しました。あとは移管されるのを待つばかりです。

他社へのドメイン移管承認フォーム-完了

「トランスファー申請承認のご連絡」というメールが送られてきますので、確認しておきましょう。

トランスファー申請承認のご連絡

その後、Xserverアカウントに登録しているメールアドレス宛に、Xserverから「【Xserverドメイン】ドメイン移管完了のお知らせ」というメールが届けば、移管完了です。今回の環境では、翌朝8時頃に届きました。

以上で移管作業が終わりました。お疲れ様でした!

初稿:2022年3月23日