さくらインターネットで管理しているドメインをXserverへ移管する

さくらインターネット(さくらのレンタルサーバ)からXserverビジネスへサイト移行を行った際に、さくらインターネットで取得したドメインを使用しているサイトがあったので、そのドメインをXserverへ移管します。

「.jp」ドメインなので、Xserverの方が更新料が安い、というのもイイですね!そして、ちょうどキャンペーンが開催されていて、移管手数料がなんと1円!

また、Xserverでは個人/法人問わず、独自ドメインが1つ無料になるので、一番更新料が高いドメインに永久無料特典を適用してしまえばコストダウンにもなります。

ということで、さくらインターネットからXserverへドメイン移管する手順をメモメモ。

さくらインターネットから転出

まず最初に、さくらインターネットでドメイン転出申請を行います。今回は「.jp」ドメインを転出します。

Whois情報のメールアドレス変更

Whois情報に登録されているメールアドレスを変更します。ドメインの移管を行う際にメールで連絡が届くので、自分が確認できるメールアドレスに変更しておかないと、連絡が受け取れません。

Whois情報の編集は、さくらインターネットのドメインコントロールパネルから行いますので、「さくらインターネット 会員認証」からログインします。

さくらインターネットログイン画面

ログイン後、左側のメニューから「契約中のドメイン一覧」をクリックします。

契約中のドメイン一覧

画面中央あたりの「ドメインコントロールパネル」をクリックして、ドメインコントロールパネルに移動します。

ドメインコントロールパネルへ

契約中のドメイン一覧が表示されるので、移管したいドメインの「Whois」をクリックします。

ドメイン一覧からWhoisへ

ドメインコントロールパネル登録情報のページに移動し、ドメインのWhois情報が確認できるので、右側の「登録者情報」に書かれているメールアドレス(Email欄)を確認します。

メールアドレスを確認

もし自分のメールアドレスになっていない場合は「登録者・担当者を編集」ボタンをクリックし、編集画面からメールアドレス(Email)を変更し、「保存」ボタンで保存します。

メールアドレスを編集

ドメインコントロールパネル登録情報のページに戻るので、メールアドレスが変更されているか確認しておきましょう。

転出の届け出をする

契約中のドメイン一覧ページに戻り、移管したいドメインの「転出」をクリックします。

ドメインの転出

個人情報の取り扱いについての確認が求められます。同意できる場合は「同意する」ボタンをクリックします。(同意しなければ先へは進めません)

個人情報の取り扱い確認

「メールでのお問い合わせ」ページへ移動します。必要事項は選択もしくは入力されているので、以下の画像の赤く囲った部分を確認し、最後の「注意事項を確認し、同意しました」にチェックを入れて「次へ」ボタンをクリックします。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせの確認が表示されますので、再度各項目の内容を確認し、良ければ「お問い合わせの送信」ボタンをクリックします。

お問い合わせの送信

お問い合わせが送信されると、受付画面が表示されます。

お問い合わせ受付画面

お問い合わせした際の「会員基本情報」に記載されたメールアドレスに、「JP系ドメイン移管(転出)依頼 [ドメイン名]」というタイトルの自動返信メールがすぐに届きます。JP系以外のドメインの場合は「gTLDドメイン移管(転出)依頼 [ドメイン名]」というタイトルで届くと思われます。

お問い合わせについての回答は、画面にも記載されているように、1両日ほどかかることがあるようですので、メールが届くまで気長に待ちましょう。

実際に作業したのは土曜日の夕方で、回答メールが届いたのは月曜日の夕方でした。日曜日を挟んでいるので何とも言えませんが、中1日ほど、と見ておいて良さそうです。

ドメイン移管依頼の自動返信メール

Xserverドメインへの転入申請

gTDLドメイン(.comなど)の場合はAuthCodeが届いて、そのAuthCodeをXserver側に入力する流れになりますが、JPドメインの場合はAuthCodeを使用しないで手続きを進めていくようです。

その際、Whois情報の初期値を設定しておく必要がありますので、まずWhois情報の初期値設定を行います。

Whois情報の初期値設定

Xserverアカウント画面にログインし、左側メニューの一番下にある「Whois情報の初期値設定」をクリックします。

Whois情報の初期値設定画面へ

Whois代理公開設定画面が開きますので、「汎用JP、都道府県型JP ドメイン名向け」ボタンをクリックしてから、「登録者情報」セクションの「設定変更」ボタンをクリックし、登録者情報を設定します。

Whois情報の初期値設定画面

設定画面は省略しますが、「必須」と書かれている項目を埋めていきます。また、ここで登録したメールアドレス宛に移管に関するメールが届くので、間違えないよう登録します。

登録者情報設定が完了したら、「戻る」ボタンをクリックしてXserverアカウント画面に戻ります。

ドメイン移管手続き

Xserverアカウント画面に戻りましたら、「ドメイン」セクションの「ドメイン移管」をクリックします。

ドメイン移管の申し込み画面へ

Xserverドメイン移管お申し込み画面に移動しますので、移管したいドメインを「独自ドメイン一覧」に入力し、「ドメインを検索する」ボタンをクリックします。

移管するドメインを検索

検索結果が表示されますので、「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」を確認し、同意できる場合はチェックをつけて「お申込み内容の確認とお支払いへ進む」ボタンをクリックします。(同意しなければ先へは進めません)

規約に同意し設定を進める

お支払い方法の選択画面に移動するので、ご希望のお支払方法を選択します。

今回はクレジットカードで。

決済画面へ

選択したら「決済画面へ進む」ボタンをクリックします。

クレジットカード決済の場合は、登録しているカードでお支払いできます。カードのセキュリティコードを入力し、「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

カード決済確認画面へ

クレジットカード払いの確認画面です。良ければ「支払いをする」ボタンをクリックします。

支払いを行う

支払い手続きが完了しました。

支払い手続き完了

トップページに戻ると、「ドメイン」セクションに先ほど移管申請したドメインが登録されています。「移管申請状況確認」ボタンをクリックして、状況を確認してみましょう。

ドメイン移管申請状況確認

移管作業中とのことです。

現在移管作業中

あとは移管されるのを待つだけです。

移管の完了

ドメインの移管が完了すると、Xserverアカウントに登録しているメールアドレス宛に、Xserverから「【Xserverドメイン】ドメイン移管完了のお知らせ」というメールが届きます。

ドメイン移管完了メール

対象ドメイン名と利用期限日、支払期限日が記載されていますので、確認しておきましょう。

Xserverアカウント画面でドメイン情報を確認してみると、ドメイン情報が登録されていました。

ドメインが移管されていることを確認

Whois情報は、Xserverに登録した初期値のものが登録されています。JPドメインは「Whois代理公開」という設定は無く、代わりに「Whois登録者情報非表示」という設定がありますが、この設定は非推奨となるため、特に事情がなければこのままにしておきましょう。

今回移行したJPドメインは、さくらインターネットでの転出申請(お問い合わせ)に48時間ほどかかったものの、Xserver側での転入申請・支払いをしてからは、半日ほどで移管完了メールが届きました。

最後に、サイトが正常に表示されていることを確認しておきましょう。

以上で作業完了です。お疲れ様でした!

初稿:2022年3月10日