画像生成AIとChatGPTでドラえもんのキャラを三次元化してみた

ここ最近、アニメキャラをChatGPTの解釈で三次元化する、という作業?にハマっています。そっくりな外見になることもあれば、見当違いなものが生成されてしまうこともあり、それはそれで面白いものです。

一応マイルールとして、基本的に2回だけ生成し、その2枚をご紹介。生成し直しはしていないので、ChatGPTが解釈したキャラの特徴を、画像生成AIが解釈して三次元化したもの「そのまま」の状態で載せています。

1回目と2回目の違いを楽しむもよし。ChatGPTや画像生成AIの解釈を楽しむもよし。もしかしたら、新しい解釈にビックリすることがあるかも?

ちなみに、Stable Diffusion web UI 1.6.0の環境で、LoRAは使わずキャラクターの特徴などの指定は全てプロンプト頼りです。

100%自己満足な内容となっておりますので、その辺をご理解ください。

ドラえもん

「どうしたんだい?のび太くん」
えーと………ドラえもん………???

実写風ドラえもん

野比のび太

「ドラえもおぉ~~~~ん!」
知的な感じに見えて、のび太というより、出木杉くんのイメージに近いような。

実写風野比のび太

源静香

「きゃあ!のび太さんのエッチぃ!」
しずかちゃんだったら、こんなイメージもアリかもしれない。

実写風源静香

剛田武

「お前の物は俺の物、俺の物も俺の物。」
ジャイアンが大人になったら、こんな感じになりそう!

実写風剛田武

骨川スネ夫

「のび太のくせに!!」
髪型は違うけど、何となく、スネ夫っぽい雰囲気を感じるのは気のせい…?

実写風骨川スネ夫

さいごに

Stable DiffusionとChatGPTを使って、キャラクターの三次元化をやってたんだけど、似ていたり似ていなかったり、なかなか難しいんだ。

Stable Diffusionって、基本的にキーワードを75個に収めた方がいいみたいだけど、ChatGPTが出してくるキーワードは300~400個もあって、無理だよね。

だから、あくまで「ChatGPTが生成したキーワードで、Stable Diffusionが画像を生成する」ことにこだわってみたんだけど、どうかなぁ。

次回は『画像生成AIとChatGPTで新世紀エヴァンゲリオンのキャラを三次元化してみた』の1本です。

楽しみに待っててね!

画像生成AIとChatGPTでエヴァンゲリオンのキャラを三次元化してみた
ここ最近、アニメキャラをChatGPTの解釈で三次元化する、という作業?にハマっています。そっくりな外見になることもあれば、見当違いなものが生成されてしまうこともあり、それはそれで面白いものです。 一応マイルールとして、基本的に2回だけ生成...
初稿:2023年9月30日

コメント

タイトルとURLをコピーしました