スポンサーリンク

[Redmine] チケットをかんばん表示にするプラグイン

リスト表示やガントチャートでタスク管理もいいのですが、Bitrix24のかんばん表示のようなモードがあればいいな、と、思うことがあります。

だったらプラグインを導入してしまえ、ということで、今回はかんばん表示プラグインを追加する手順をメモメモ。

スポンサーリンク

Redmine kanban plugin

世の中にはいろいろなかんばん表示プラグインが存在していますが、今回選んだのはHappy SE Lifeさんの「Redmine kanban plugin」というプラグイン。

かんばん表示をシンプルに実現しているのですが、余計なものが無い分、使いやすそうだったので。

それでは、さっそくRedmineにインストールしていきます。

プラグインのインストール

今回プラグインをインストールする先は、Redmine4.2.1です。Redmine 4.1.1のインストール先を /var/lib/redmine として話を進めますので、違う場所にインストールしている場合は適宜読み替えてください。

Redmineのpluginディレクトリに移動し、Redmine kanban pluginをダウンロードします。

# cd /var/lib/redmine/plugin
# git clone https://github.com/happy-se-life/kanban.git

以上でインストール完了です。

Redmineを再起動するため、restart.txtを作成します。

# touch /var/lib/redmine/tmp/restart.txt

この状態でブラウザからRedmineにアクセスすれば、Redmineが再起動し、Redmine kanban pluginが有効になります。

Redmine再起動後、restart.txtが自動で削除されない場合は手動削除しておきます。

# rm /var/lib/redmine/tmp/restart.txt

かんばん表示

メニューの一番右に「かんばん」が追加されていますので、クリックしてみましょう。

かんばん表示

こんな感じで、かんばん表示されます。かんばんの中身の文字は、画像加工で削除していますのでご了承ください。

横軸(フィールド)は、リスト表示の「ステータス」になりますので、あまり細かくステータスを用意していると、逆に使いにくくなるかもしれません。

かんばん表示で表示させるステータスは、フィールドで表示のON/OFFが設定できるので、必要に応じてON/OFFすれば良さそう。

また、表示させるチケットについても、フィルタ機能で細かく指定できますので、管理しやすそうですね。

表示項目のフィルタ

さいごに

ということで、Redmineに「かんばん表示」を追加するプラグインを導入するまでのメモメモでした。

リスト表示も、かんばん表示も、ガントチャート表示も、それぞれ一長一短なので、うまく併用しながら管理していくといいかもしれません。

「どれかひとつの表示」にこだわると、かえって使いにくくなるんじゃないかと思います。

以上、お疲れ様でした!

初稿:2022年11月12日

コメント

タイトルとURLをコピーしました