PDFの傾きを簡単に修正するツール「PdfSlantTextCorrector」

スキャンしたデータをPDFファイルにしたときに気になるのが、微妙な傾き。用紙を真っすぐにしてスキャンしたはずなのに、わずかにズレてしまうことが多々あると思います。

そんなわずかな傾きを簡単に修正するツールを求めて彷徨っていたところ、「これは神ツールか!」と言いたくなるくらい使い勝手のいいツールを見つけたので、今日のメモメモ。

Javaのインストール

Javaベースのツールなので、Javaがインストールされていない場合は、先にインストールしておきます。

まずは、Javaの公式サイトからインストーラーをダウンロードします。

Java公式サイトのホーム

インストーラーのダウンロード

インストール手順は、画面の指示に従って進めるだけなので割愛します。

PdfSlantTextCorrectorのインストール

Javaのインストール後、PdfSlantTextCorrectorをダウンロードし、インストールします。

まずはPdfSlantTextCorrectorをダウンロードします。

公式サイトによると、ツールのダウンロードについてはVectorに統一したようなので、Vectorからダウンロードします。

PdfSlantTextCorrectorをダウンロードしたら、ZIP書庫を展開し、「pdfstcorrector」フォルダごとCドライブのルートにコピーします。

Cドライブのルートにコピー

コピーしたpdfstcorrectorフォルダの中にあるbatchフォルダを開き、その中にある「pdfstcorrector_vbs.bat」をテキストエディタで開き、4行目を編集します。

set jbindir="C:\Program Files\Java\jre1.8.0_351\bin"

上記は私の環境での例です。ここには、Javaがインストールされているパスを指定します。

Javaをデフォルトの状態でインストールした場合は、上記のようなパスになるはずですが、Javaのバージョンにより「jre1.8.0_351」の数字は変動します。

書き換えたら上書き保存し、「pdfstcorrector_vbs.bat」を実行します。

PdfSlantTextCorrectorの使い方

ツールが起動したら、「読込」ボタンをクリックしてPDFを読み込みます。

ツールの起動画面

読み込み完了後、継続して回転・テキスト更新を行いますか?と聞かれるので「はい」をクリックします。

読み込み後継続して作業するかの質問

傾き(角度)の修正

傾きを修正したい場合は、「回転」ボタンの左側の枠に角度を入力し「回転」をクリックします。時計回りに回転させる場合は正の数、反時計回りに回転させる場合は負の数を入力します。

元の状態に戻したい場合は「初期」をクリックします。

角度を調整し、保存したい場合は「保存」をクリックします。ファイル名の後ろに「_rotation」と付与され、ファイルが置いてあった場所に新規で保存されます。

拡大・縮小

このツールは角度の調整だけでなく、拡大縮小もできます。

「拡大」ボタンの左側の枠に拡大縮小率を入力し「拡大」をクリックすると、入力した数値の比率で拡大もしくは縮小されます。

さいごに

ということで、PDFの傾き(角度)を微調整できるツール「PdfSlantTextCorrector」の、超あっさりしたメモメモでした。

PDFの拡大縮小ができるツールはたくさんありますし、90度や180度など固定角度で回転させるツールもたくさんありますが、角度を細かく指定して回転させることができるツールは、なかなかありません。

スキャンしたデータをPDFで保存しておく場合には、とても有用なツールではないでしょうか。

さらに、PDFをJPEG形式の画像に変換するのも簡単ですし、同時に拡大縮小もできるので、使い慣れてしまうと結構便利に使えますので、オススメですよ。

以上、今日の作業終了です。お疲れ様でした!

初稿:2022年12月15日

コメント

タイトルとURLをコピーしました