メールをQMAIL3からThunderbirdへ移行する

用途によって複数のメールアドレスを使い分けているので、メールソフト(メーラー)もいくつか使い分けています。

QMAIL3がそのうちのひとつでしたが、製作者が忙しいのか、2010年を最後にアップデートが止まっているようです。長い間更新されていないものを使い続けるのは不安なので、とりあえずQMAIL3で使用しているメールアドレスは、Thunderbirdに移行してみることにしました。

今まで受信してきたメールも移行したかったのですが、QMAIL3にはエクスポートという機能が見当たらず。

結果的にメールの移行はできたのですが、その方法にだいぶ悩んだので、備忘録としてメモメモ。ついでに少しだけカスタマイズも。

まずはThunderbirdをインストール

QMAIL3からThunderbirdに移行するにあたり、まずはThunderbirdのインストールをしなければ、お話になりません。まだインストールしていないなら、公式サイトからダウンロードしてインストールします。

アカウント情報は手動で登録

Thunderbirdのインストールが終わったら起動し、まずはメールアカウントを登録します。

QMAIL3に登録してあるアカウント情報をエクスポートして、Thunderbirdにインポートできれば楽なのですが、残念ながらそのような機能はありません。Thunderbirdへは、手動で登録しましょう。

Thunderbirdを起動したら、右上の三本線をクリックし「アカウント設定」をクリックします。

アカウント設定をクリック

アカウント設定画面が開きます。左下の「アカウント操作」をクリックし、表示されたメニューから「メールアカウントを追加」をクリックします。

メールアカウント追加

アカウントのセットアップ画面が開きます。「あなたのお名前」には、送信者として表示される名前を入力し、「メールアドレス」に登録するメールアドレス、「パスワード」にメール送受信用のパスワードを入力します。

大手プロバイダや有名なドメインのメールアドレスを登録する場合は「続ける」をクリックすると、自動で送受信サーバの設定をしてくれます。今回は自分で所有するドメインのメールアドレスを登録するので、「手動設定」で設定していきます。

メールサーバを手動設定

手動設定の項目が表示されます。登録するメールアドレスで必要な情報を、受信サーバ、送信サーバそれぞれに設定し、「再テスト」をクリックして接続テストを行います。

メールサーバの接続設定

接続テストが成功すれば「完了」ボタンが押せるようになるので、クリックして登録を完了します。

受信メールの移行

Thunderbird側にアカウントが登録できたら、QMAIL3で今まで受信してきたメールを、Thunderbirdに移行します。

QMAIL3からエクスポート

今までに受信したメールについては、通常は移行元(今回だとQMAIL3)でエクスポートして、移行先(今回だとThunderbird)にインポートするのですが、QMAIL3のメニューにはメールのエクスポートという項目はありません。

しかし、QMAIL3には非常に簡単にエクスポートする手段がありました。

まずは、移行するメールを一時的に保管するためのフォルダを用意します。デスクトップで右クリックし「新規作成」→「フォルダー」で作成しておきましょう。名前は何でもいいですが、とりあえず「メール移行用」とでもしておきましょうか。

メール移行用フォルダが準備できたら、QMAIL3の受信箱(もしくはフォルダ)に入っているメールを選択し、メール移行用フォルダにドラッグ&ドロップ。これだけで、1メッセージ1ファイルの.eml形式でエクスポートされます。

メールを選んでドラッグ&ドロップ

メールのエクスポート作業はこれだけ。

QMAIL3側で、メールボックスの設定を1メッセージ1ファイル形式にしていても、ブロックサイズを指定した1ファイル形式にしていても、上記の方法で.eml形式にエクスポートされます。

Thunderbirdへインポート

次に、エクスポートしたメールデータをThunderbirdへインポートします。

こちらも簡単で、QMAIL3からエクスポートした.eml形式のメッセージファイルを選択し、移行先…Thunderbirdの受信トレイ(もしくはフォルダ)にドラッグ&ドロップするだけ。

これだけでメールのインポートが完了します。

メールを複数のフォルダに振り分けている場合は、フォルダごとに同じ作業を繰り返すだけ。

複数のメールアドレスを登録している場合は、登録しているメールアドレスの分だけ同じ作業をすればOK。

.eml形式でエクスポートできるメーラーなら、Thunderbirdへの移行はとても簡単ですね。

Thunderbirdのフォント等を変更

さて、メールの移行ができたのはいいのですが、Thunderbirdはなんだか見辛い。フォントのせいかな。

ということで、表示フォントを変更してみます。

メール本文のフォント変更

メール本文のフォントは、設定画面から行います。

設定画面は、右上の三本線をクリックし「設定」、もしくは、メニューバーを表示している場合は「ツール」→「設定」をクリックします。

Thunderbirdの設定画面を表示する

「言語と外観」という項目の「フォントと配色」から「詳細設定」ボタンをクリックします。

フォントの詳細設定

「フォントと文字エンコーディング」というウィンドウが開くので、好みでそれぞれ指定します。

自分はプロポーショナルフォントに「ゴシック体と同じもの」、明朝体には「游明朝」、ゴシック体には「MS UI Gothic」、等幅には「MS ゴシック」を指定しました。

フォントとサイズの設定

メール本文のフォントはこれで指定できますが、それ以外のフォントを指定するには、CSSの編集が必要です。

メール本文以外のフォント変更

ウィンドウ左側のフォルダペインや、メール一覧のリストペインの文字もなんだか見辛い感じがするので、変えてしまいましょう。

CSSのカスタマイズ機能を有効化

最初に、CSSの設定を自由に行えるように、CSSのカスタマイズ機能を有効にします。

先ほどの設定ウィンドウの一番下にある「設定エディター」ボタンをクリックします。

設定エディタを起動

「設定名を検索」というところに「.stylesheet」と入力すると、「toolkit.legacyUserProfileCustomizations.stylesheets」という項目が表示されるので、この値を「true」に変更します。

項目をtrueに切り換える

CSSファイルの準備

続いて、スタイルシートを記述するためのファイルを準備します。

エクスプローラー(Windowsの黄色いバインダーのアイコン)を起動し、アドレス欄に「%APPDATA%\Thunderbird\Profiles」と入力しEnterキーを押します。

Thunderbirdのユーザープロファイルが置かれたフォルダが開きますので、「(ID).default」というフォルダを開きます。(ID)の部分は環境によって変わります。

ユーザープロファイルフォルダ

「chrome」というフォルダを開きます。もし存在しない場合は、新規作成します。

chromeフォルダを作成or開く

「userChrome.css」というファイルを開きます。存在しない場合は、UTF-8(BOM無し)のテキストファイルとして新規作成します。

userChrome.cssを作成or開く

とりあえず、userChrome.cssには以下のように設定してみてください。フォルダペインやリストペインのフォントがMS Pゴシックになるので、多少は見やすくなると思います。

@charset "utf-8";
@namespace url( "http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul" );
#threadTree treechildren,
#folderTree treechildren,
#threadCols {
    font-family: "MS Pゴシック" !important;
}
#threadCols {
    font-weight: bold;
}
#threadTree treechildren::-moz-tree-row {
    height: 18px !important;
    min-height: 18px !important;
}
#threadTree treechildren::-moz-tree-row(selected, focus) {
    background-color: #68a4d9 !important;
}
#folderTree treechildren::-moz-tree-row {
    height: 18px !important;
    min-height: 18px !important;
}
#folderTree treechildren::-moz-tree-cell-text {
    font-size: 12px !important;
}

「userChrome.css」を編集した後、Thunderbirdを再起動すると、設定が反映されます。

より詳細なカスタマイズ

上記個所だけでなく、もっと他の場所もカスタマイズしたい場合は、「開発ツールボックス」という機能を使ってIDやClass名を自分で探し出す必要があります。

開発ツールボックスは、Thunderbirdを起動した状態で「Ctrl+Shift+I」を押すか、「ツール」→「開発ツール」→「開発ツールボックス」で起動できますので、試してみてください。

この機能は、起動時にリモートデバッグ接続を要求してくるので、「OK」をクリックして接続を許可してください。でないとソースが表示されません。

リモートデバッグ接続を許可

ThunderbirdのCSS指定にはちょっと癖があるようで、上位のタグやIDに対してフォント指定などをしても、反映されないことが多いです。

できるだけ下の階層まで展開して、個別のIDやclassに対してCSSを指定しないと、うまくスタイルが反映されないようです。

どこで指定すれば反映されるのかは、自分で確かめるしかないかもしれません。

開発ツールボックス

さいごに

ということで、QMAIL3側に数十GBあったメールデータも、トータル1時間かからず、簡単にThunderbirdへ移行することができました。

Thunderbirdもメールをドラッグ&ドロップすることで.eml形式にエクスポートできるので、もし今後Thunderbirdから他のメーラーに乗り換えることがあったとしても、同じような手順で移行できそうです。

他にSylpheedも使用しているのですが、こちらも更新が止まって久しいので、他のメーラーに乗り換えようかどうか悩み中。アップデートが再開されてくれればいいなぁ、と淡い期待を持っていますが。

ちなみに、メインで使用しているメーラーは今でもサポートが続いているBeckey!ですが、最近はGmailを使うことも多く、プロバイダメールもWebメールで使用しているので、今後は徐々にメーラーから離れていくことになるのかもしれません。

会社のメールも、メールソフトでの送受信はなく、グループウェア内のメーラー(Webメール)を使うようになって久しいですし。

初稿:2022年5月14日