Windowsで複数ファイル操作で順番が変わってしまう場合

Windows上で、複数のファイルをコピーや移動したり、圧縮フォルダーにする場合、なぜかファイルの順番が名前順ではなくなってしまうことがありませんか?

例えば、

File001
File002
File003
File004
File005
という5つのファイルがあった場合、コピー先や圧縮フォルダーの中では、なぜか
File003
File004
File005
File001
File002
というように、途中からの順番になってしまったり。

ファイルの順番が変わる原因

これは、複数ファイルを選んだあと、どのファイルにマウスカーソルを合わせてコピーや移動、圧縮などの操作(以下、まとめて「操作」とします)をしたかによって変化するんです。

もうちょっとわかりやすく言うと、File001からFile005までのファイルを選択した状態で、File001にマウスカーソルを合わせて操作をした場合、WindowsはFile001から順番に処理を行いますが、File003にマウスカーソルを合わせて操作をした場合は、File003から処理が行われるのです。

File003から処理が始まるとどうなるかと言うと、順番にFile004、File005と処理が進んだあと、先頭に戻って、まだ処理されていないFile001、File002と処理が進んでいくのです。

これが、ファイルの順番が変わってしまう原因です。

解決法

基本的に、マウスカーソルがあるファイルから処理を開始するようになっているようなので、ファイル名の順番通りに並べたい場合は、先頭のファイルにマウスカーソルを合わせて操作するようにしましょう。

表示上だけの問題であれば、名前順にソートすれば特に気にするようなことではないのかもしれませんが、いちいちソートしなくてもキレイに名前順に並んでいる方が、ひと手間が省けていいですよね。

さいごに

ということで、後でソートする手間を省くためにも、複数ファイルを操作する場合は、常に先頭のファイルにマウスカーソルを合わせる癖をつけておくとイイかもしれません!

初稿:2020年2月12日