SPUTNICKS

エクスプローラーがCPUの25%くらいを独占中、原因を探る

Windows7をWindows10にアップグレードしてからというもの、Explorerが頻繁に25%ほど使用され、その間はキーボードからの入力が遅延するくらいに重くなることが多くなりました。

エクスプローラーの負荷が高い

メモリは数GBの空きがあるし、ストレージはSSDなので読み込み速度が遅くて処理遅延が発生する、ということも考えにくい。

こんなとき、より詳細にプロセスの動きを調べることができる「Process Explorer」を使って調べてみます。

スポンサーリンク

Process Explorerでプロセスを調査

Process Explorerをダウンロードしたら、Windowsが32ビット環境の方は「procexp.exe」を、Windowsが64ビット環境の方は「procexp64.exe」を起動します。

起動すると以下のようなウィンドウが表示されます。(Explorer以外はぼかしています)

Process Explorerで負荷の原因を調査

今回は、やたらCPUを使いまくるExplorerを調査するので、Explorerをダブルクリックします。

Process Explorerでプロセスの詳細を確認

こんなウィンドウが開くので、Explorerの中で何が一番CPUを使っているのかを確認します。どうやら「iaStorAfsServiceApi.dll」がこの中で一番負荷が高い様子。

プロセスを突き止めたら、ファイルを探す

こいつは何者なのか、エクスプローラーで検索してみましょう。

負荷が高いプロセスの実行ファイルを探す

同じ名前がついた実行ファイルが3つと、同じ名前のDLLが出てきました。DLLがある場所をみると、「Optane」というキーワードが出てきました。

Optaneというのは、SSDが搭載されていないPCでも、SSDが入っているんじゃないかと思えるくらいの快適性を備えた「インテル Optane メモリー」を指します。思いっきり簡単に言ってしまえば、電源が切られても記憶領域が保持される新しいメモリ(DRAM)。

Optaneを使っているPCなら、このまま入れておいた方がいいと思いますが、Optaneを使っていないPCでは、無駄以外の何物でもないものになりますので、削除してしまいましょう。

元凶となるソフトウェアを削除

Optaneというキーワードがわかったので、コントロールパネルの「プログラムと機能」を開いてみると…。

実行ファイルの在処からソフトウェアを特定する

いました。「Intel® Optane™ Pinning Explorer Extensions」というソフトウェアが、今回の元凶になります。不要なのでアンインストールしてしまいましょう。

原因となるソフトウェアをアンインストール

もちろん「はい」を選択。

エクスプローラーを自動終了する

アンインストールするには、エクスプローラーを終了する必要があるので、そのまま「OK」をクリックしましょう。

ソフトウェアのアンインストール中

しばらく待っていると、アンインストールが終了します。

エクスプローラーを起動しなおす

アンインストール後は、エクスプローラーは自動で立ち上がらないので、このままではタスクバーがいないし、デスクトップ上のアイコンたちも行方不明です。なので、エクスプローラーを手動で起動してあげましょう。

Ctrl+Altを押しながらDeleteを押して、タスクマネージャーを起動。

エクスプローラーを手動で起動しなおす1

「ファイル」→「新しいタスクの実行」をクリックします。

エクスプローラーを手動で起動しなおす2

「開く」の入力欄に「explorer.exe」と入力し「OK」をクリックすると、エクスプローラーが立ち上がり、デスクトップ上のアイコンたちも戻ってきます。

さいごに

ということで、Optaneソフトを削除してみたところ、アイドル時のCPU使用率が0~5%くらいまで下がりました。キーボードからの入力も引っ掛かりを感じることがなくなり、非常に快適。

不要なソフトのために、今まで余計な負担を強いられていたPCでしたが、ようやくこれで本領発揮できそうです。

何もしていないのにエクスプローラーの負荷が高い!という場合は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

初稿:2019年5月27日
スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー