WindowsでMicrosoftアカウントログインからローカルアカウントログインへ変更する手順

いつからか、Windows10の初期設定で、Microsoftアカウントでのログインが強制されるようになりました。今でも、初期設定の段階では、回避する手段はないっぽい。

仕方がないので、いったんMicrosoftアカウントで設定を済ませておいてから、ローカルアカウントへ変更していますが、この手順を人に教えるときに、ついつい伝え忘れてしまうところがあるので、教えやすいようにメモメモ。

ローカルアカウント変更手順

スタートメニューから「設定」を開きます。左側の歯車のようなアイコンです。

設定画面が開いたら、「アカウント」を開きます。

Windows10設定画面

画面中ほどにある「ローカルアカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。

設定画面からアカウントを開く

ローカルアカウントに切り替えますか?というウィンドウが表示されるので、「次へ」をクリックします。

アカウント設定画面

本人確認ということで、Microsoftアカウントのパスワード入力を求められます。パスワードを入力して「OK」をクリックします。

Microsoftアカウントのパスワード入力

パスワードが正しく入力されると、続いてローカルアカウント情報の設定画面になります。ここでローカルアカウントのユーザー名、パスワード等を入力します。

ローカルアカウント情報入力画面

ここでは、MicrosoftアカウントのログインID(メールアドレス)の先頭5文字がユーザー名としてデフォルトで設定されていますので、このままでもいいですし、お好きなユーザー名に変更しても大丈夫です。

ただし、ユーザーフォルダはデフォルトで設定されているユーザー名が使用されてしまうので、必要であれば後からユーザーフォルダの変更をした方がいいかも。

ローカルアカウント情報を入力したら「次へ」をクリックします。

ローカルアカウントへの切り替え

ユーザーIDを「user」に設定してみました。設定を完了するには「サインアウトと完了」をクリックします。すぐにサインアウトされてしまうため、作業中のものがあれば、いったんキャンセルして作業を完了させておきましょう。

サインアウト後、ローカルアカウントでサインインし直せば作業完了です。

Microsoftアカウント情報を削除

ローカルアカウントに変更しましたが、Windows10にはまだMicrosoftアカウント情報が残っていますので、それを削除します。

再度、設定画面から「アカウント」を開き、左側のメニューから「メールとアカウント」をクリックします。

メールとアカウントの設定

ここにMicrosoftアカウントが登録されたままになっています。このMicrosoftアカウントをクリックすると、以下のような表示に切り替わります。

Microsoftアカウントをクリック

「削除」をクリックします。

Microsoftアカウント情報を削除

特に削除しても問題がなければ「はい」をクリックします。やっぱり削除したくない!という場合は、このまま右上の「×」をクリックして、設定ウィンドウを閉じてしまえばOK。

「はい」をクリックすれば、即座にMicrosoftアカウント情報が削除されます。

Microsoftアカウント情報削除後

お疲れ様でした!

初稿:2021年8月21日

この記事をシェア

アカウントをフォロー