データサイエンティスト基礎講座

Windows98時代のPCが出てきた

この週末に部屋の片付けをしていたら、押入れの奥から古いPCが出てきた。気になって起動してみると、画面には「Windows98」の文字。どうやら学生時代に使っていたものらしい。

デスクトップには、モデムで電話をかけるためのショートカットや、NetscapeNavigator、ICQなどが並んでいて、懐かしいのなんの。

メーラーを起動してみると、今はもう解約してしまったメールアドレスと共に、チャット仲間との楽しかった時間がそのまま残っていました。

みんな元気でやってるかな~。

そんな中でも、受信BOXにずら~っと名前が並んでいる人が一人。一時期、ほぼ毎日メールして携帯のメールもしてICQもしながらチャットしていた、なんてこともあって、毎日その人中心に回っていたんじゃないかと思えるくらいでした。

その人も含め、もうほとんどの仲間と連絡を取る手段がなく、自分も当時のメールアドレスや携帯電話の番号は使っていないし、ネット上で当時のH.N.も使わない宣言をしてしまっているので、きっと自分を見つけられる人もいないだろうなぁ。

…あ、でもひとりだけメールくれた人がいたっけ。どうやってたどり着いたんだろう。

もう一度、あの楽しかった頃に戻りたいな、とは思いますが、そんな時代があったからこそ、今の自分があるわけで。

でも、いつかまたみんなで集まれたらイイネ!
スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー