SHINY DEVIL

メインPCもワイヤレス化

今までメインPCはずっと有線のキーボードとマウスを使ってきました。ワイヤレスにしたかったけど、電池を使うのでスイッチのON/OFFが面倒だな、ということで。

しかし、ペンタブもあるし、デジカメ用USBケーブルだったり、ヘッドフォンのケーブルだったり、あまりにごちゃごちゃしてきてしまったので、なんとかならないものかと考えていたところ…。

ロジクールから、1つのレシーバーでキーボードとマウスが使えるUnifyingシリーズが出ていることを知り、試しにこれを使ってみることにしました。

今回買ったキーボードはK270、マウスはM325。特価になっていて、両方買っても2,500円でおつりが出るくらい。

さっそくレシーバーをPCにセットして使うわけですが、購入時に同梱されているレシーバーは認証ができているので、もう一方の機器を認証するだけでよし。例えば、キーボードに同梱のレシーバーをセットした場合は、キーボードはそのまま使えるのでマウスを認証すればよし。マウスのレシーバーをセットした場合はキーボードを認証すればよし。

認証させるためにはロジクールのサイトから認証用アプリをダウンロードしてこないといけないのは面倒ですが、それも最初に一度やればいいだけなので、前もって用意しておくといいかも。

自分の場合いままでのキーボードがPS2接続だったため、キーボードに同梱されたレシーバーをセットしてキーボードを先に使えるようにし、マウスは認証するまでUSBマウスで操作。ワイヤレスマウスを認証した後は、USBマウスを引っこ抜けばOK。

使ってみた感じ、キーボードはタッチ感覚などが自分には非常に使いやすく、これは買って良かったと思えるものでした。

マウスの方は、今までレーザーマウスを使っていたせいか、今回のLGTマウスにちょっと違和感。LGTとはレーザーグレードトラッキングの略で、光学式でありながらレーザーに近い性能があるんだとか。でも、明らかにレーザーより劣っている感じ。マウスパッドが畳風だからかな…。

あと、センサーの位置がマウスの真ん中ではなく親指側に偏っているため、自分のように手首だけで操作するクセのある人だと非常に使い辛い。

スクロールも普通のマウスより細かい(72段階のマイクロラチェット)けど、感度が良すぎるのか細かいスクロールをしたいときにはイライラさせられることも。ただ、一気にスクロールさせるようなときには、気持ちよく回ってくれるので良い感じ。

不満点がいくつかあるけど、せっかく買ったものだし、使わないのももったいないので、不満な部分は慣れるまでガマンしよう。

スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー