みやびの爽臭サプリ

[RHEL] 追加ディスク(SAS)インストール手順

高速読み書きできるディスクでの連続耐久試験を行うため、現在のRHELサーバにSASディスクを追加するための手順めもめも。

この一連の作業を行う前に、サーバマシンにSASを接続しておきましょう。

スポンサーリンク

今回追加するSAS一式

SASインターフェースAdaptec RAID ASR-2405 RoHS Kit
SASディスクSeagate ST373455SS(73.4GB SAS3.0Gb 15000rpm 16MB)
SAS接続ケーブル2232000-R SFF-8087 to SFF-8482 SASファンアウトケーブル

管理ツールのインストール

SASの設定や管理は、基本的にリモートPCから操作できるようになっています。インストール時には、特に何か操作する訳ではありませんが、今後の管理のためにインストールしておきます。

  1. リモートPCに、添付の Adaptec Storage Manager をインストール。

  2. Adaptec Storage Manager を起動。

  3. Add をクリックし、SASをインストールするサーバマシンを追加する。ユーザーは root で。入力後、Connect。

  4. Enterprise View にサーバマシンが追加されるので、SASアダプタ(Adaptec 2405)を選択する。

  5. 画面右側に、接続しているHDDの情報が表示されればOK。

SASの初期化とマウント

次に、サーバマシンにtelnetでログインし、SASを利用可能にします。

  1. telnetでログインし、rootユーザーにスイッチ。

  2. /var/log/dmsgで、SASが認識されていることを確認。


    scsi2 : aacraid
      Vendor: SEAGATE   Model: ST373455SS        Rev: 0002
      Type:   Direct-Access                      ANSI SCSI revision: 05
    scsi 2:1:0:0: Attached scsi generic sg2 type 0
  3. パーティションを作成。

    # fdisk /dev/sdb
    
    このディスクのシリンダ数は 8909 に設定されています。
    間違いではないのですが、1024 を超えているため、以下の場合
    に問題を生じうる事を確認しましょう:
    1) ブート時に実行するソフトウェア (例. バージョンが古い LILO)
    2) 別の OS のブートやパーティション作成ソフト
       (例. DOS FDISK, OS/2 FDISK)
    
    コマンド (m でヘルプ): m
    コマンドの動作
       a   ブート可能フラグをつける
       b   bsd ディスクラベルを編集する
       c   dos 互換フラグをつける
       d   領域を削除する
       l   既知の領域タイプをリスト表示する
       m   このメニューを表示する
       n   新たに領域を作成する
       o   新たに空の DOS 領域テーブルを作成する
       p   領域テーブルを表示する
       q   変更を保存せずに終了する
       s   空の Sun ディスクラベルを作成する
       t   領域のシステム ID を変更する
       u   表示/項目ユニットを変更する
       v   領域テーブルを照合する
       w   テーブルをディスクに書き込み、終了する
       x   特別な機能 (エキスパート専用)
    
    コマンド (m でヘルプ): n
    コマンドアクション
       e   拡張
       p   基本領域 (1-4)
    p
    領域番号 (1-4): 1
    最初 シリンダ (1-8909, default 1):
    Using default value 1
    終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (1-8909, default 8909):
    Using default value 8909
    
    コマンド (m でヘルプ): p
    
    Disk /dev/sdb: 73.2 GB, 73283928064 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 8909 cylinders
    Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes
    
    デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
    /dev/sdb1               1        8909    71561511   83  Linux
    
    コマンド (m でヘルプ): w
    領域テーブルは交換されました!
    
    ioctl() を呼び出して領域テーブルを再読込みします。
    ディスクを同期させます。
  4. ext3でフォーマット。

    # mkfs.ext3 /dev/sdb1
    mke2fs 1.39 (29-May-2006)
    Filesystem label=
    OS type: Linux
    Block size=4096 (log=2)
    Fragment size=4096 (log=2)
    8945664 inodes, 17890377 blocks
    894518 blocks (5.00%) reserved for the super user
    First data block=0
    Maximum filesystem blocks=4294967296
    546 block groups
    32768 blocks per group, 32768 fragments per group
    16384 inodes per group
    Superblock backups stored on blocks:
            32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
            4096000, 7962624, 11239424
    
    Writing inode tables: done
    Creating journal (32768 blocks): done
    Writing superblocks and filesystem accounting information: done
    
    This filesystem will be automatically checked every 31 mounts or
    180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.
  5. マウント。

    # mount -t ext3 /dev/sdb1 /SAS
  6. fstabに設定。

    /dev/sdb1               /SAS                    ext3    defaults        0 2

以上、お疲れ様でした!

スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー