メルマガ・ステップメール基本システム

[RedHat] ネットワークカードにハマる

仕事で使うために、RedHatのES4を使い古しのPCにインストールしたのはいいけど、ネットワークにつながらない。設定はちゃんとできているし、認識もしている。なのに、pingを投げると「Network is unreachable」というエラー。どうやらデフォルトゲートウェイが見つからない様子。でもIPは間違っていないぞ・・・。

もしかしたらネットワークカードが壊れているのかもしれない・・・と、別のカードを使ってみる。ギガビット対応の、比較的新しめのものなので、これならいけるだろう!ということで差し替え、Linux起動。kudzuがカードを認識し、IPを設定して起動完了。これでいけるだろうけど、一応確認・・・ifconfigの結果はOK。ちゃんと認識してるし、IPも当たってる。デフォルトゲートウェイも大丈夫だし、サブネットマスクも間違いない。さてping・・・Network is unreachable。なにぃぃぃ!

ちょっとコーヒーブレイクして、落ち着いて考えてみた。何かが間違えているのかもしれない。・・・何気なく、最初にPCに刺さっていたネットワークカードを見てみる。カニさんマークのチップ。RealTekのチップだ。RTL8139Dか・・・前の会社で、よくこのチップを使ってハードを作ったっけ・・・。ん?カニ!?

気になって、新しくPCに刺したネットワークカードのチップを見てみると、RTL8169。カニだ・・・。相性問題が結構多いと言われるチップだから、もしかしたらこれが原因かもしれない!

そんなわけで、古いPCからやっとのこと、IBMのチップを使ったネットワークカードを見つけてきて差し替える。Linux起動、kudzuで設定完了。認識もされ、IPも大丈夫。さてping・・・

[root@localhost etc]# ping 192.168.0.1
PING 192.168.0.1 (192.168.0.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.0.1: icmp_seq=0 ttl=128 time=0.237 ms
64 bytes from 192.168.0.1: icmp_seq=1 ttl=128 time=0.228 ms
64 bytes from 192.168.0.1: icmp_seq=2 ttl=128 time=0.230 ms
64 bytes from 192.168.0.1: icmp_seq=3 ttl=128 time=0.224 ms
64 bytes from 192.168.0.1: icmp_seq=4 ttl=128 time=0.222 ms

キタワァァァァ(ノ∀`)

苦節4時間の末、やっとサーバマシンのベースができた・・・。

ということで、教訓。カニには十分注意しましょう!(笑)

スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー