メルマガ・ステップメール基本システム

VirtualBoxのゲストOSにtelnet接続

ブリッジアダプタでホストのNICを指定して、ゲストOS内でホストOSと同じセグメントの固定IPを割り振ってしまえば、何の苦労もなくホストOSからゲストOSにtelnetだろうとFTPだろうとつながります。同じネットワーク内からは、あたかも別PCのように。

でもホストOSと同じセグメントに、割り振れるIPがもうなかったら…。もしくは、勝手にIPアドレスを割り振れる立場になかったら…。

ということで、ホストOSからゲストOSにtelnetするために、別の方法を試してみました。手順を忘れそうなのでメモメモ。

まず、ホストOSにネットワークカードを追加。といっても物理的に追加するわけじゃなくて、ループバックアダプタを追加します。

以下、ホストOSはWindowsXP SP3、ゲストOSはRedHat Enterprise Linux 5.3での手順。

  1. コントロールパネルから「ハードウェアの追加」を起動
  2. 「次へ」をクリック
  3. 「はい、ハードウェアを接続しています」を選択して「次へ」
  4. 「新しいハードウェアデバイスの追加」を選択して「次へ」
  5. 「一覧から選択したハードウェアをインストールする(詳細)」を選択して「次へ」
  6. 「ネットワークアダプタ」を選択して「次へ」
  7. 「Microsoft」「Microsoft Loopback Adapter」を選択して「次へ」
  8. 「次へ」をクリック
  9. インストールを完了させる

インストールしたループバックアダプタに固定IPアドレスを設定。例えば192.168.10.1。デフォルトゲートウェイやDNSは空欄でOK。

次にゲストOSにもネットワークアダプタを追加。ゲストOSが起動している場合は一旦終了させて、VirtualBoxのメイン画面から、ゲストOSを選択して設定画面を開く。

  1. ネットワークの「アダプタ2」をクリック
  2. 「ネットワークアダプタを有効化」をクリック
  3. 「割り当て」で「ブリッジアダプタ」を選択
  4. 「名前」で「Microsoft Loopback Adapter」を選択
  5. 「OK」をクリック

続いてゲストOSを起動し、eth1に固定IPアドレスを設定。ホストOSのループバックアダプタに設定したIPと同じセグメントでないとダメ。例えば192.168.10.100。デフォルトゲートウェイにはホストOSのループバックアダプタに設定したIPを指定。ここでは192.168.10.1。

あとはゲストOSのネットワークを再起動し、telnetサーバやFTPサーバを起動させれば、ホストOSから接続することができる。ここでは、telnetなら接続先に192.168.10.100。

スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー