[Excel] 郵便番号から住所を簡単入力する

Excelで住所一覧などを作成する際に、郵便番号を入力したら、勝手に住所の一部も入力されればいいな、と思ったことはありませんか?

ウェブサイトなどでお問い合わせフォームを利用する際、郵便番号を入力すると、住所の一部が自動で入力される、アレと同じ機能。Excelにもあれば便利ですよね。

Excelに機能としては存在しないが…

残念ながら、Excelにそのような機能はないようです。が、代わりにこんな案はいかがでしょうか。

Windows10標準のIME(日本語入力ソフトウェア)は、郵便番号を入力して変換すると、その郵便番号に対応した住所も変換候補として表示してくれます。

郵便番号を入力して変換すると

ですので、その住所を選択して確定すれば、郵便番号に対応した住所が入力されるのです。

郵便番号に対応した住所に変換される

あとは番地や建物名などを手動で入力すればOK。

ウェブサイトのフォームに比べるとひと手間多いですが、それでもだいぶ楽になりませんか?

Excel以外でも有効です

この機能は、そもそもWindows10に標準で搭載されている機能になりますので、Excelだけでなく、WordやPowerPoint、さらにはウェブサイトのフォームでもメモ帳でも、日本語入力が可能であればどこでも使えます。

せっかく用意されている機能ですから、有効に使わせていただきましょう。お試しあれ!

初稿:2020年3月25日

この記事をシェア

アカウントをフォロー