HKE

ロリポップの独自SSLを使って常時SSL化しました

会社のWebサイトを運用・管理している関係上、だいぶ前から常時SSL化は気になっていたものの、個人ではまだまだ手が出しにくいのが現状。

でも、間違いなくこれからはSSLが必須化していくだろうし、自分がお借りしているサーバで独自SSLが無料で設定できるということもあって、ブログをお引っ越ししてSSL化してみました。その手順をめもめも。

サーバはロリポップで独自ドメイン設定済が条件。。ブログはWordPressで、外観テーマはSimplicity2。

まず、ロリポップの管理画面「セキュリティ」メニューから「独自SSL証明書導入」を選び、SSLを導入したいドメインにチェックを入れて設定ボタンを押すだけ。3分くらいで有効化されました。

次に、WordPressの管理画面「設定」→ 「一般」を開き、WordPressアドレスとサイトアドレスをhttpsに変更して再ログイン。

テーマにSimplicity2を使っているので、WordPressの管理画面から外観→カスタマイズ→その他→「内部URLをSSL対応(簡易版)」にチェックを入れる。

画像関係だけURLが自動で書き換わらなかったので、「メディア」の「ライブラリ」からアップロード先ページひとつひとつ開いて手動修正。

なぜかテーマのスキンが外れてしまったので、スキンを再設定。

あとはhttpでアクセスしてきたらhttpsに自動転送されるよう、サーバルートの.htaccessに以下の行を追加。

RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*) https://vertys.net/$1 [R=301,L]

WordPressが自動で追加した項目の、RewriteBase行の下に追加すればOK。

その他、ココログのフォルダ構成とは違うので、以前のURLでアクセスしてきた場合の転送設定や、ロリポップのドメイン名でアクセスしてきたときの転送設定なども追加。

転送がうまくいっているか確認して、良さそうなら作業完了!

・・・という感じで作業しました。

特に躓くこともなくすんなり行けましたが、画像関係のURLを手動で修正したところが苦労だったな~。

手順としては上に書いた通りに進めるだけなので、ロリポップを使っている方は、この際ぜひ常時SSL化にチャレンジして欲しいと思いますです、はい。

スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー