Print Spoolerが原因でWindowsが重い!

最近PCのファンがやたら勢いよく回り続けているし、なんだかWindowsが重いんだけど…という相談が舞い込んできました。

とりあえずタスクマネージャーで確認してみると、スプーラー サブシステム アプリケーションがCPUの使用率50%以上。スプーラー サブシステム アプリケーションの中には「Print Spooler」がいた。

タスクマネージャーで重い原因を調べる

プリントスプーラーってことは印刷にまつわるヤツなので、まずはそれっぽいところから調査開始!

システムフォルダの残骸確認

確率的に一番高いと思われるのが、システムフォルダに印刷用データの残骸が残っているパターン。残骸が残っていると、プリントスプーラーが一生懸命お仕事をしてくれるので、結果、CPUを使ってしまい、Windowsが重くなる、という。

まずはWindowsのシステムフォルダの中を確認してみましょう。通常は「C:\Windows\System32\spool\PRINTERS」の中に印刷用データファイルが作成されます。

システムフォルダの印刷用データ確認

お、ありますね。0バイトの残骸ファイルが。

残骸ファイルを削除する

こいつを削除してあげればいいのですが、プリントスプーラーがこのファイルを掴んで離さないため、そのままでは削除できません。先にプリントスプーラーを止める必要があります。

コントロールパネルから「管理ツール」を開きます。

コントロールパネルから管理ツールを開く

管理ツールが起動したら、「サービス」を開きます。

管理ツールからサービスを起動

サービスが起動したら、「Print Spooler」を探し、右クリックして「停止」をクリックします。

プリントスプーラーを停止

プリントスプーラーが停止できたら、先ほどのシステムフォルダにある印刷用データファイルを削除します。

印刷用データファイルを削除

印刷用データファイルが削除できたら、サービスのウィンドウに戻り、プリントスプーラーを右クリックして「開始」します。

プリントスプーラーを開始

これで作業終了です。

タスクマネージャーでCPU使用率確認

改めて、タスクマネージャーでCPUの使用率を確認してみます。

タスクマネージャーでCPU使用率確認

何も印刷していないので、当然と言えば当然ですが、CPU使用率は0%。正常に戻りました。

さいごに

今回の「ファンが勢いよく回り続ける」という症状の原因はCPU使用率が高かったためで、なぜCPU使用率が高かったのかと言うと「プリントスプーラーが動き続けていた」ためで、なぜプリントスプーラーが動き続けていたのかと言うと「印刷用データファイルの残骸がスプーラーに残っていた」ためでした。

なぜ残骸ファイルが残ってしまったのかは不明ですが、0バイトで残ってしまったファイルは、何らかのカタチでOS側が対処してくれればいいのにね~。

ということで、同じような症状で困っている方がいましたら、上記手順をお試しあれ!

初稿:2021年9月25日