G-Tune

Windows Modules Installer Worker が重すぎ!

会社で使用しているWindows10のPCのうち1台が、急に使い物にならないくらい激重になりました。もう、ほとんどフリーズに近い状態。

同じ性能の別のPCは、Windows起動に遅くても1分半、Chromeの起動に10秒かからず、という程度のスペックなのに、重くなったPCはWindows起動こそ2分ほどですが、起動後、Chromeを立ち上げるのに5分。エクスプローラーを開くだけでも1分以上、と、異常なまでの重さに。

もっと言えば、起動したChromeを閉じるためにも20~30秒は待たされます。

明らかにおかしいので、タスクマネージャーを開き、何が起こっているのかを確認してみることにしました。

スポンサーリンク

Windows Modules Installer WorkerがHDD占有

まずはタスクマネージャーのスクリーンショットを見てください。このスクリーンショットを撮るまでにも、2~3分ほど待たされました。

タスクマネージャーを見るとWindows Modules Installer Workerが一所懸命働いている

見ての通り、Windows Modules Installer WorkerがCPUもメモリもHDDアクセスも多大に使用しています。HDDアクセスなんか、ほぼ独占状態。PC起動から30分ほど放置しても、この傾向は変わらず。

こいつを終了してしまえば、激重な状況は改善しそうな気がしますが、でも名前からすると気安く落としていいものではなさそう。まずはMicrosoftのサイトで、こいつが何者なのかを調べてみました。

Windows Modules Installer Workerとは

このプロセスが何者なのかというと、Windows Updateを行った後に、不要ファイルを削除したり、後処理をしてくれるんだそうです。わかりやすく言えば、Windows Updateの後片付け(クリーンアップ)をしてくれているんですね。

環境によっては、数分で終わることもあるし、中には丸2日以上経っても終わらない、という事例も。

あまりに長い場合は、一度PCを再起動してみるといいようですが、それでも長時間待たされるケースもあるようなので、困ったものです。

解決方法

ただ待つだけ、というのも何なので、何か解決方法がないか、さらにサポートサイトで探してみたところ、Windows Update中にエラーが発生した可能性があるとの情報を見つけました。

特に、サイズの大きなアップデートがあった場合、他との所の兼ね合いで更新がうまく完了できず、エラーになったまま放置されている、というケースがあるようです。

まずは、アップデートの更新履歴を確認してみましょう。

Windows Updateを見たら、エラーになっている項目があった

おっと、更新履歴を見るまでもなく、エラーがある!これが原因の可能性あり!

もし、この画面でエラーがなかった場合は、青い四角で囲った「更新の履歴を表示する」をクリックすると今までの更新履歴が表示されます。インストールが正常終了している更新プログラムについては「yyyy/mm/ddに正しくインストールされました」と表示されていますが、問題が発生した更新プログラムでは「yyyy/mm/ddにインストールに失敗しました - 0x00000000」という感じでエラー番号と一緒に失敗したメッセージが表示されていますので、このエラーを解消する必要があります。

とりあえず、Windows Updateをエラーなく全て完了させるのが、解決への近道かもしれませんね。

さいごに

当然ですが、Windows Updateが全て正常に完了しても、しばらくの間は後片付けのためにWindows Modules Installer Workerが動いていることでしょう。

でも、全てが正常に完了していれば、さほど待たなくても終わると思いますよ。実際に、激重だったPCも、Windows Updateを全て正常に完了させたら、5~6分ほどで激重状態が解消しました。

一番の対策は「こまめにWindows Updateを実行する」ということかもしれませんね。

いくら重いからと言って、Windows Modules Installer Workerをタスクマネージャーなどから停止してしまわないようにご注意ください。場合によっては致命的な問題が発生する可能性がありますよ!

初稿:2019年10月12日
スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー