UAのレポートと同じものをGA4で見たい

ユニバーサルアナリティクス(UA)が2023年7月に終了するので、それまでにGoogleアナリティクス4(GA4)へ移行する必要があります。あと4ヶ月を切りました。

移行自体は難しくないのですが、ちょっと悩んだのが、UAのレポートと同じものが、GA4ではどこにあるのか。

当然ですが、全てのレポートがGA4で確認できる訳ではありません。必要に応じて、「データ探索」で新しいデータ探索(レポートのテンプレートのようなもの)を作成する必要があります。

でも、良く確認していたレポートのいくつかは、GA4側でもレポートとして用意されていたので、それらを含めて軽く確認したものをメモメモ。

もともとは1年ほど前に書いた記事だったのですが、投稿するのを忘れていたので今さらの内容かもしれません…。

レポート - ユーザー

UAのレポートのうち「ユーザー」に分類されていたもの。

UAGA4
ユーザー
→ ユーザー属性
→ 年齢
レポート
→ ユーザー
→ ユーザー属性
→ ユーザー属性の詳細
→ プルダウンから「年齢」
ユーザー
→ ユーザー属性
→ 性別
レポート
→ ユーザー
→ ユーザー属性
→ ユーザー属性の詳細
→ プルダウンから「性別」
ユーザー
→ インタレスト
→ アフィニティカテゴリ
レポート
→ ユーザー
→ ユーザー属性
→ ユーザー属性の詳細
→ プルダウンから「インタレストカテゴリ」
ユーザー
→ 地域
→ 言語
レポート
→ ユーザー
→ ユーザー属性
→ ユーザー属性の詳細
→ プルダウンから「言語」
ユーザー
→ 地域
→ 地域
レポート
→ ユーザー
→ ユーザー属性
→ ユーザー属性の詳細
→ プルダウンから「地域」
ユーザー
→ テクノロジー
→ ブラウザとOS
レポート
→ ユーザー
→ テクノロジー
→ ユーザーの環境の詳細
→ プルダウンから「ブラウザ」
ユーザー
→ モバイル
→ 概要
レポート
→ ユーザー
→ テクノロジー
→ ユーザーの環境の詳細
→ プルダウンから「デバイスカテゴリ」
ユーザー
→ モバイル
→ デバイス
レポート
→ ユーザー
→ テクノロジー
→ ユーザーの環境の詳細
→ プルダウンから「デバイスモデル」

レポート - 集客

UAのレポートのうち「集客」に分類されていたもの。

UAGA4
集客
→ すべてのトラフィック
→ チャネル
レポート
→ ライフサイクル
→ 集客
→ トラフィック獲得
→ プルダウンから「セッションのデフォルトチャネルグループ」
集客
→ すべてのトラフィック
→ 参照元/メディア
レポート
→ ライフサイクル
→ 集客
→ トラフィック獲得
→ プルダウンから「セッションの参照元/メディア」
集客
→ キャンペーン
→ すべてのキャンペーン
レポート
→ ライフサイクル
→ 集客
→ トラフィック獲得
→ プルダウンから「セッションのキャンペーン」

レポート - 行動

UAのレポートのうち「行動」に分類されていたもの。

UAGA4
行動
→ サイトコンテンツ
→ すべてのページ
レポート
→ ライフサイクル
→ エンゲージメント
→ ページとスクリーン
→ プルダウンから「ページパスとスクリーンクラス」

さいごに

ということで、UAとGA4のタイアップ表みたいなもの、でした。

集計方法や基準も違うので、同じレポートを同じ期間で表示しても、UAとGA4で同じにはならないことが多いと思います。ですので、UAで集計した結果とGA4で集計した結果を比較するのはあまり意味が無い、ということになりますね。過去データとの比較がしにくいなぁ。

個人的には「UAで十分だったのに」とも思いますが、でも、GA4に慣れてしまえば、これはこれで悪くないようにも思います。

以上、お疲れ様でした!

初稿:2023年3月11日

コメント

タイトルとURLをコピーしました