データサイエンティスト基礎講座

[PHP] MoguraPlusXの初期セットアップでエラーになる場合の対処法

自分は以前からずっと、アクセス集計・解析用にMoguraPlusXを導入しています。

導入が楽なことと、集計画面が自分にとってとても見やすくて使いやすいから、というのが理由で、会社のサイト管理でも、GoogleAnalyticsとMoguraPlusXを併用しています。

そんな使いやすいMoguraPlusXですが、最近新たに管理するようになったサーバに導入しようとしたところ、そのままでは初期セットアップでエラーになってしまい、使うことができませんでした。

どうやら、初期セットアップの処理の中で、PHPやMySQLのバージョンにより使えない構文があるようです。

いくつかの処理を修正したところ、正常に使えるようになったので、その修正方法をまとめました。

動作確認環境は、PHP7.1、MySQL5.6です。

MoguraPlusXがMySQL5.7でエラーになってしまう方は、こちらの記事をどうぞ。

自分は以前からずっと、アクセス集計・解析用にMoguraPlusXを導入しています。 導入が楽なことと、集計画面が自分にとってとても見やすくて使いやすいから、...

スポンサーリンク

config.phpの修正

28行目のW3A_DB_TYPEの値を「mysql」から「mysqli」に書き換えます。

PHP5.5以降、mysql関数は非推奨になったため、代わりにmysqli関数を使います。


setup.phpの修正

「TYPE=MyISAM」を検索し、全て「ENGINE=MyISAM」に書き換えます。この記述は以下のテーブルのCREATE文に記述されています。

ログ保存テーブル(W3A_DB_TABLE_LOG)
ログ保存テーブル(W3A_DB_COUNTER)
UserAgent保存テーブル(W3A_DB_TABLE_UA)
設定保存テーブル(W3A_DB_TABLE_SETTING)
ID変換リスト保存テーブル(W3A_DB_CH_ID)
URL変換リスト保存テーブル(W3A_DB_CH_URL)
拒否リスト保存テーブル(W3A_DB_EXCLUDE)

MySQL4系では「TYPE=MyISAM」という記述でよかったものが、MySQL5系では「ENGINE=MyISAM」という記述方法に変わったため、エラーになってしまうのです。


MoguraPlusXが置いてある場所

2018年12月現在、以下のサイトで手に入れることができます。


初稿:2018年12月12日

スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー