カンファレンスバナー

[HP-UX] デバッガのインストール

自分は担当していない別プロジェクトで、HP-UXの11i v2を使っているのですが、どうもデバッガがうまく動いてくれないとのこと。なんとかしてくれ~とヘルプがきたので、さっそく手をつけてみました。

とりあえずいろいろいじってみると、HP-UXって何とも使い辛い・・・。AIXに慣れてしまっているせいか、はるか昔にいじったときより使い勝手が悪いように感じます。

そんな訳で試行錯誤しながら、HP-UX添付のDVDを覗いていると、どうやらgdbとpxdbの2種類のデバッガがある様子。そして、うまく動いてくれないのがgdbということだったので、早速pxdbをインストールしてみることに。

まずはDVDドライブのデバイスを確認。

# ioscan -funC disk

でろでろ~っとデバイスが表示されるので、DVDドライブのデバイス名を探します。デバイス名がわかったら、次はマウント。

# mount DVD-DEVICE-NAME /dvdrom

これでマウント完了。インストールツール?を立ち上げます。

# swinstall -i -s /dvdrom

CUIのグラフィカルな?画面になって、DVDに入っているアプリの一覧が表示されるので、それを選択して、インストールを実行すればいいのですが・・・なぜか、pxdbが一覧に表示されず。別のディレクトリとして認識されているのかと思って、全部のディレクトリをチェックしても、ない・・・。

困った・・・。

だったら、DVDにバイナリで入っているんだから、直接コピーしちゃえ!ということで、直接コピーしていましました(笑)

# cd /dvdrom/DebugPrg/DEBUG-PRG/opt/langtools/bin
# mkdir /tmp/pxdb
# cp ./pxdb* /tmp/pxdb
# chmod 755 /tmp/pxdb/*

さあ、これで使えるはず!!と思ったら、なんかパーミッションがダメ!と怒られる・・・。fileコマンドでファイルを見てみたら、なんとzip圧縮されているではありませんか。こりゃ思いもよらなかった!

ということで、一旦ファイル名を変更してから、解凍。

# cd /tmp/pxdb
# mv pxdb pxdb.zip
# mv pxdb32 pxdb32.zip
# mv pxdb64 pxdb64.zip
# gzip -d -S .zip pxdb
# gzip -d -S .zip pxdb32
# gzip -d -S .zip pxdb64

今度こそこれで使えるはず!!と、使ってみたところ・・・正常に動きました。後はパスの通ったディレクトリにコピーして作業終了。お疲れ様デシタ!

スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー