Debian 3.0R6 -Woody- セットアップ手順

Debian 3.0R6をインストールする機会があったので、開発用にセットアップするところまでを記録として残します。

なお、インストールイメージはDisc1~7までありますが、このディスクイメージには欠陥があるようで、インストール途中でエラーが出て先に進まなくなります。

そのため、セットアップはNetworkインストール用の最小構成CDで進めます。

スポンサーリンク

インストール

インストール手順は、以下箇条書きで記述します。

  1. Networkインストール用ディスクから起動する

  2. 起動したら、boot: と出たところで「bf24」と入力して Enter
    ※ bf24 とすることで、カーネル2.4系でインストールしてくれる
    ※ カーネル2.2系を入れる場合は、入力せずそのまま Enter

  3. 言語の設定画面では「ja」を選択

  4. 「次:キーボードの設定」を選択

  5. 「qwerty/jp106:日本語」を選択

  6. 「次:スワップパーティションの初期化と有効化」を選択

    説明が表示された後、まだ一度もパーティションを切っていないディスクの場合、パーティションがないよ、といったメッセージが表示されるので、「y」を入力

    cfdisk が起動されるので、パーティションの設定を行う
    (1) FD Type が Free Space となっている場所にカーソルを合わせる
    (2) 画面下の「New」を選択
    (3) 最初の領域は Primary を選択。2つめ以降は Logical
    (4) パーティションを切る容量(サイズ)を指定
    (5) 先頭からパーティションを取る場合は Beginning 後ろから取る場合は End
    (6) 必要なパーティション分だけ、上記を繰り返す

    上記で設定したパーティションのファイルシステムを設定する
    (1) ファイルシステムを設定するパーティションにカーソルを合わせる
    (2) 画面下の「Type」を選択
    (3) 画面にファイルシステムの名称が2画面分ほど表示される
    (4) swap用パーティションにはLinux(スワップ用)の番号を指定し、通常のパーティションにはLinux(EXT2)の番号を指定する

    ファイルシステムの設定が終わったら、ブートパーティションを設定する
    (1) ブートパーティションに設定するパーティションにカーソルを合わせる
    (2) 画面下の「Bootable」を選択
    (3) カーソルを合わせたパーティションの Flags に Boot と表示されれば設定完了

    パーティション設定をディスクに書き込む
    (1) 画面下の「Write」を選択
    (2) パーティション情報を書き込んでよければ yes と入力し Enter

    画面下の「Quit」を選択し、cfdisk を終了する

  7. スワップ領域の初期化

    不良ブロックのチェックを実行するかの確認画面が出るので、チェックをする場合は <はい> を選択し、チェックをしない場合は <いいえ> を選択
    次にスワップ領域の初期化を行う確認画面が出るので、<はい> を選択

  8. Linuxパーティションの初期化

    最初にどのファイルシステムで初期化するかを聞かれるので、EXT2 か EXT3 かを選択(カーネル2.2系のときは EXT3 は使えない)

    不良ブロックのチェックを実行するかの確認画面が出るので、チェックをする場合は <はい> を選択し、チェックをしない場合は <いいえ> を選択

    次に初期化を行う確認画面が出るので、<はい> を選択

    ルートファイルシステムとしてマウントするかの確認が出るので、<はい> を選択

  9. Debian GNU/Linux インストールメインメニュー

    ルートファイルシステムをマウントすると、インストールメニューが表示される
    「次:カーネルとドライバモジュールのインストール」を選択
    Debian CD-ROM を検出しました、という画面が表示されるので、<はい> を選択

  10. デバイスドライバの設定

    ネットワークカードが認識されないので、手動でドライバを選択する必要がある
    モジュールカテゴリで net を選択し、 次の画面でネットワークカードを選択し、3com vorex というドライバを選択する(マシンによって選択するドライバは違う)
    パラメータ入力画面では何も入力せずエンターを押せば、ドライバの組み込みが完了する
    組み込みが完了したら、モジュールカテゴリ選択画面で Exit を選択して次に進む

  11. ネットワークの設定

    ホスト名    :debian
    DHCP        :<いいえ>
    IPアドレス  :192.168.1.220
    ネットマスク:255.255.255.0
    ゲートウェイ:192.168.1.254
    ドメイン名  :debian3
    DNSサーバ   :192.168.1.254
  12. 基本システムのインストール

    ネットワークの設定が終わったら、基本システムのインストールを選択
    基本システムのインストールが始まる

  13. ブートローダの設定

    LILOのインストール先を聞かれるので、MBRを選択

  14. 起動フロッピーの作成

    特に必要が無いので、作成しない

  15. インストール完了

    CDを取り出して、<はい> を選択してリブートする

リブート後の設定

リブート後の設定手順も、以下箇条書きで記述します。

  1. 時刻の設定

    タイムゾーンの設定で、最初にグリニッジ時刻を考慮するか聞かれるので <No>
    タイムゾーンの指定で、Asia → Tokyo と選択

  2. パスワードに関しての設定

    MD5形式のパスワードを使用するか聞かれるので <Yes>
    シャドウパスワードを使用するか聞かれるので <Yes>
    rootのパスワードを聞かれるので、設定するパスワードを入力する
    もう一度入力するよう促されるので、入力する

  3. 一般ユーザーの作成

    一般ユーザーを作成するか聞かれるので <Yes>
    ユーザー名を聞かれるので user と入力して Enter
    ユーザーのフルネームを聞かれるので、 適当に入力して Enter
    パスワードを聞かれるので、設定するパスワードを入力する
    もう一度入力するよう促されるので、入力する

  4. PCMCIAパッケージの削除確認

    インストール用にセットアップしたPCMCIAパッケージを削除するか聞かれるので <Yes>

  5. PPP経由インストール確認

    PPP接続でインターネットからパッケージをインストールするか聞かれるので <No>
    ※現在 Debian3.0用のインターネット経由インストールはサポートが終わっているらしい

  6. パッケージインストール手段

    追加パッケージなどのインストール手段を聞かれるので、CDを選択
    Apt Configuration という画面がでて、CDをスキャンするか聞かれるので、ここでDebian3.0インストールCDの1枚目から7枚目までを全てスキャンする
    全てのスキャンが終わったら、<No> を選択
    ※これを行わないと、追加パッケージのインストールができない

  7. 最新Debianインストール確認

    CDのスキャンが終わると、最新のDebianを入れるか確認されるので、<No> を選択
    次にセキュリティアップデート済みのものをダウンロードするか聞かれるので <Yes>

  8. tasksel によるインストール

    tasksel を使ってのインストールを行うかの設定。
    tasksel を起動するか聞かれるので、<Yes> を選択
    tasksel installer が起動するので、今は何もせず F キーを押して終了する

  9. dselect によるインストール

    dselect を使ってのインストールを行うかの設定。
    dselect を起動するか聞かれるので、<Yes> を選択
    画面いっぱいに説明文が表示されるので、スペースキーを押して次の画面へ
    グラフィカルな画面になるので、今は何もせず X キーを押して終了する

  10. パッケージのインストール

    こまでの設定が終わると、パッケージのインストールが始まる
    Do you want to continue? [Y/n] と聞かれたら y と答えていくだけでよい
    CDをセットするように促されたら、指示に従ってCDを入れ替える

    インストールが終わると、以下のような画面が表示される(文章は省略)

    +-------------------------------------------------+
    | (1) Internet site; ~~~                       |
    | (2) Internet site using smarthost: ~~~       |
    | (3) Satellite system: ~~~                    |
    | (4) Local delivery only: ~~~                 |
    | (5) No configuration: ~~~                    |
    +-------------------------------------------------+
    5番を入力して Enter

以上でセットアップが完了し、ログインプロンプトが出る。

必須パッケージの設定

以下、インストールコマンドのみ列挙していくので、それぞれ画面の指示に従うこと

・gccのインストール
# apt-get install gcc

・telnetのインストール
# apt-get install telnet

・telnetdのインストール
# apt-get install telnetd

・ftpのインストール
# apt-get install ftp

・ftpdのインストール
# apt-get install wu-ftpd

Debian3.0インストールCDに入っているパッケージの一覧を表示するには、

# apt-cache pkgnames

ただし、10000行以上になるので、ファイルなどにリダイレクトした方がよい

スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー