[Debian] 日本語環境を設定する

debian上で日本語を使う必要が出てきたので、日本語環境をセットアップ。後で同じ作業をするときのために、メモメモ。

まず、localeをインストール。

# apt-get install locales util-linux-locales

インストール中に、何を生成するか聞かれるので、JPのUTF-8と、JPのEUCと、ENのUTF-8を選択。デフォルトは今回使うEUC-JPに。

通常はこれでいいらしいのですが、なぜか作業した環境では反映されず、localeコマンドを叩いてもLANGがPOSIXになったまま。しょうがないので、

# dpkg-reconfigure locales

として、もう一度ロケールの生成。生成後、念のために

# update-locale LANG=ja_JP.EUC-JP

としたところ、なんとupdate-localeが見つかりません、と。うーむ、何でだろう。しょうがないので、手書きでデフォルトロケールのファイルを生成。

# cat /etc/default/locale
LANG=ja_JP.EUC-JP

マシンをリブートしてlocaleコマンドを試したところ、無事EUC-JPになっていました。アプリから確認しても、EUC-JPになっていることが確認できたので、これでヨシとしよう!

しっかし、RedHatに慣れているせいか、debianは使いにくい・・・。

スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー