Zoff

[CentOS] CentOS7.6にvsftpdをインストールする

Sambaで共有をかけているので、あまりFTPを使う機会はありません。でも、全く使わない訳ではないので、とりあえずFTPサーバを入れておきます。

ローカル環境でしか使わないサーバなので、FTPSだとかSFTPだとかSCPなどセキュリティを考慮したプロトコルは使いません。

スポンサーリンク

vsftpdのインストール

vsftpdのインストールはyumコマンド一発でOK。

# yum -y install vsftpd

vsftpdの設定

そのままでは他のマシンから接続ができないので、最低限の設定だけを行います。

まずは設定ファイルの変更から。

# vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf

変更が必要な部分だけを以下にまとめます。

anonymous_enable=NO(YESをNOに)
ascii_upload_enable=YES(コメントを外す)
ascii_download_enable=YES(コメントを外す)

以下の指定は、ファイルの最後に追記します。
pasv_enable=YES
pasv_min_port=60950
pasv_max_port=60999
pasv_addr_resolve=YES
pasv_promiscuous=YES

あとは、設定ファイルで指定したポートを開放してあげましょう。

firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=ftp
firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=60950-60999/tcp
firewall-cmd --reload

ちなみに、ポート番号はぜひ60950~90999ではなくても大丈夫です。とりあえず40000以上の数字で、20~30くらい確保しましょう。設定ファイルに記述したポート番号と同じポートを開放すればOKです。

あとはvsftpdを自動起動設定して、起動してあげましょう。

# systemctl enable vsftpd
# systemctl start vsftpd

さいごに

以上で、vsftpdのインストールと設定が終わりました。Sambaで共有していないディレクトリにあるファイルをダウンロードしたり、アップロードする場合にはFTPが便利かもしれませんね。

お疲れ様でした!

初稿:2019年2月19日
4年ほど前、サポートが切れて使わなくなったWindowsServer2003の本体を使って、テスト環境用にLinuxサーバを構築しました。 途中で何度かアップ...
不要PCにCentOS7.6をインストールし、最低限の設定が終わったところまで、前回の記事でまとめました。 その日の作業が終わったところで、一旦PCの電源...
CentOS7.6には、PHPが5.4、MySQLは互換DBのMariaDB5.5が入っていました。 今回構築している環境は、公開前のWebサイトを構築するテ...
CentOS7.6には、デフォルトでPHP5.4がインストールされます。 今となっては古いPHPになってしまいますが、商用ディストリビューションのRed Ha...
既存のCentOS6.10+Samba3.6の環境で、htdocsとshareのふたつのディレクトリを、認証なしで接続できるように設定しています。 その設定フ...
CentOS7.6でデフォルトでインストールできるMySQLは、MariaDBというMySQL派生のDBです。 MySQLとほぼ同じなので、そのまま使っても特...
スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー