メルマガ・ステップメール基本システム

[Solaris] Solaris 10 のセットアップ

会社に新しいサーバマシンがやってきた。さっそくラックに組み込み、シリアル経由でセットアップを開始。

すでに Solaris 10 がインストールされているので、まずはユーザーを作成。

# groupadd GROUPNAME
# useradd -g GROUPNAME -d /export/home/USERNAME -m USERNAME
64 ブロック
# passwd USERNAME
新しいパスワード:
新しいパスワードを再入力してください:
passwd: USERNAME のパスワードが変更されました

ここで注意しないといけないのは、-d と -m のオプション。-d でホームディレクトリを指定し、-m でホームディレクトリを作成する、という指定をしないと、ユーザーのホームディレクトリが作成されないらしい。

次に、ネットワークの設定。これは簡単に設定する方法がわからなかったので、ひとつひとつ設定ファイルを手直ししていく。

◆/etc/hosts の修正
  127.0.0.1 localhost
  192.168.100.205 solaris loghost

◆/etc/netmasks の修正
  192.168.100.0 255.255.255.0

◆/etc/defaultrouter の作成
  192.168.100.250

◆/etc/resolv.conf の作成
  nameserver 192.168.100.220
  nameserver 192.168.100.221

そして、設定を反映させる。念のため、しっかりと設定も渡しておく(笑)

# ifconfig bge0 down
# ifconfig bge0 192.168.100.205 netmask 255.255.255.0 broadcast 255.255.255.255
# ifconfig bge0 up

最後に、FTPを使えるように設定する。

# svcs -a | grep ftp
disabled       10:08:33 svc:/network/ftp:default
# svcadm enable svc:/network/ftp
# svcs -a | grep ftp
online         15:22:52 svc:/network/ftp:default

ここまで設定できたら、telnetでログインしてみる。無事成功したものの・・・ユーザーディレクトリに何かファイルがある。

-rw-r--r-- 1 hoge hoge 136 3月 28日 14:04 local.cshrc
-rw-r--r-- 1 hoge hoge 157 3月 28日 14:04 local.login
-rw-r--r-- 1 hoge hoge 174 3月 28日 14:04 local.profile

これらはユーザープロファイルっぽいので、名前を変更すればよさそう。

$ mv local.cshrc .cshrc
$ mv local.login .login
$ mv local.profile .profile

一旦ログアウトして、再度telnetからログインすると、きちんとパスなども設定されて、これで初期設定は終了。もうシリアル接続はしなくてよさそうです。

スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー