HKE

SAS(Serial Attached SCSI)導入とSATAとの速度比較

仕事で、とにかく高速なHDDが必要になったので、導入することになったSerial Attached SCSI。略してSAS。

SATAがシリアルインターフェイスのATAなのに対して、SASはシリアルインターフェイスのSCSI。主にサーバ用途向けなのかと思いきや、PCIやPCI-Express用のインターフェースカード(RAIDカード)も発売されているらしい。

そして、SASインターフェイスではSATA規格のディスクも使えるらしいので、やろうと思えばSASとSATAが混在したRAIDも組めるのかな。でも、逆にSATAインターフェイスにSASを接続するのはダメなんだとか。

さて、実際にSASを組み込んだPCで、SATAとの性能比較をしてみました。PCの性能は以下の通り。

CPUCore 2 Quad Q9400(2.66GHz)
M/BG31MX-K 2.0
メモリPC2-6400 2GB
SAS I/FAdaptec SAS-2405
SATA HDDSeagate 7200rpm 500GB ST3500320AS
SAS HDDSeagate 15000rpm 73.4GB ST373455SS

いつものように12回計測し、最低と最高の結果を除いた10回分の結果の平均値をだしてみたところ、以下のような成績に。

SASのR/W平均性能
Read124.6MB/s
Write119.0MB/s
SATAのR/W平均性能
Read86.8MB/s
Write69.3MB/s
1GBファイルの平均コピー速度
SATA -> SAS60.3MB/s
SAS -> SATA71.9MB/s
SAS -> SAS52.5MB/s
SATA -> SATA29.2MB/s

なかなか驚きの結果でした。やはりSASは速いんだなぁ。

自宅のPCの起動ドライブに欲しいところだけど、たぶんSASを入れるくらいなら、SSDにした方がいいのかもしれない…特に個人だと。

スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー