パソコン 買取

ラッシュ試験用のPCにも熱対策で強制エアフローを

開発をしていると、ほぼ必ずラッシュ試験という、システムに高負荷がかかるような試験を行うわけですが、システムに高負荷がかかるということは、当然熱対策をしていないと筐体内の温度もかなりのもの。

ということで、会社のもう1台のテスト用PCも、発熱が気になるので冷却対策をしてほしい、との依頼。

そのPCは牛さん模様のメーカーのもので、とにかく静音にするためにファンが弱々しく回っているだけなので、ケース内の温度がかなり高め。ケース側面を触ってみると結構熱かったので、軽く40度以上にはなっていそう。

会社なので静音にはこだわらなくていいから、とにかく強力な熱対策を、とのことだったので、さっそく昼過ぎから秋葉原に出かけ、以下のものを買ってきてみました。

あとは、3.5インチシャドウベイのフレームが思いっきりケース前面の吸気口を塞いでしまっているので、これを取っ払うために3.5インチHDDを5インチベイに移植するためのマウンタや、ケース用ファンに取り付ける9cmファンガードを2個、CPUファン用に8cmファンガードも。

帰社してからは、さっそく電源をばらして、弱々しい12cmファンを買ってきた12cmファンに交換し、ケースの前後に9cmファンを取り付け、HDDを5インチベイに移動させて、交換終了!

いざPCを稼動させてみると…ケース前面のファン以外に、HDDを移植した5インチベイのフロントダクトからもかなり空気を吸い込んでいる。ファンの吸気口とHDDを移植した5インチベイの吸気ダクト以外は全て塞いだため、いい感じでHDDも冷やしてくれそう。

そして排気の方はと言うと、グラボ直下につけたPCIスロット用排気ダクトもいい感じに熱を放出しているし、電源もかなりの風量を吐き出しているみたい。

ただ、電源ファンの風量が大きすぎたためか、ケース背面の9cmファンからはあまり排気されていない様子。排気過多になりすぎたかも。

そして電源の排気が大きすぎるということは、電源のすぐ下にあるCPUファンがきちんとCPUを冷やすだけの風量を確保できているのか、が非常に気になる…。

しっかし、ここまでやらなくても、ケースの前後にファンを適切につけるだけでかなり冷却効果が上がるので、自宅のPCも少し冷却対策を考えてみようかなぁ。3Dゲームをやっていると、ケース内温度が夏場は軽く50度くらいになってるもんな~。

ラッシュ試験用のPCにも熱対策で強制エアフローを…やりすぎた
スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー