Windows7でタスクバーが突然消えた?!

仕事中、突如ヘルプミーのメッセージ。駆けつけてみると、Windows7でタスクバーが消えてしまい、まるいスタートボタンだけが浮いている、という奇妙な状態に遭遇しました。

当然、タスクバーが消えているので、アイコン化した実行中のアプリのウィンドウを復元することができず(ALT+Tabでできますが)、マウス操作メインではお手上げ状態。

解決法としては、Ctrl+Alt+Deleteキーでタスクマネージャーを起動して実行中のプロセスから「explorer.exe」を一旦終了させ、タスクマネージャーの「ファイル」→「新しいタスクの実行」を選択し、「explorer.exe」を入力して「OK」をクリックすれば、復活します。

が、通知領域の設定の「タスクバーに常にすべてのアイコンと通知を表示する」にチェックが入った状態で復旧してしまうようなので、通知領域の設定は見直した方がいいのかも。

詳しい原因はわからないけど、スクリーンセーバーをインストールした後から消えることが何度かあった、とのことなので、きっとこれが原因なんだろうなぁ。

スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー