パソコン 買取

動画編集にとても時間がかかる

仕事に私事に忙しくて、なかなか更新できずにいましたが、やっと一息。

レコーダーPCで撮り溜めていたいろんな番組を観る…ほどの時間はとれないので、とりあえず保存向けの番組のCMカットをしてDVDに焼いておこうかと作業を始めたのですが、いやはやさすがはフルハイビジョンサイズ。編集するにも時間がかかる…。

というのも、メインPCは Core2Duo E8500 にメモリ4GBを積んでいるのですが、これじゃ全然スペックが足りていないらしく、1920x1080のH.264に変換した1時間の動画をDVD Movie Writer 7に読み込むだけでも数分待たされ、編集するにも、とにかく表示待ち時間が長すぎ。

こればかりはPCの性能やアプリの性能というより、32bit環境によるメモリの頭打ちが一番のネックかも。

しかし、どうせDVD Videoに変換すればSD画質になるので、MPEG2-TSから直接720x480のH.264に変換するバッチに書き換えた方がよさそうな気がしてきた。SD画質まで落としても、DLNAでPS3に飛ばしたところでさほど画質の劣化は気にならないし。

問題は16:9の比率が保持されるかどうか…は、一度試してみればいいだけの話。

ということで、特に高画質で残しておきたい番組がもしあればフルハイビジョン画質で残し、そうじゃない番組はSD画質でイイや…と、だんだん妥協してきました(笑)

ちなみに、うちではTvRockを使って録画予約を行い、録画終了時にバッチファイルを走らせて、MPEG2-TSからH.264のMPEG4に変換させていたりします。

順番は以下のとおり。

  1. BonTsDemuxで映像(m2v)と音声(wav)に分割
  2. NeroAacEncで音声(wav)をAACに変換
  3. MEncoderで映像(m2v)をH.264に変換
  4. MP4Boxで映像(h264)と音声(aac)を結合

BonTsDemuxには映像(m2v)と音声(aac)に分割する機能もあるけど、これで分割すると音ズレすることが多いので、あえて一回Waveファイルにしてから、AACに変換しなおしています。

3番で映像部分をH.264にエンコードして、最後にH.264にエンコードした映像と、AACに変換した音声を結合させてひとつのMPEG4ファイルにする、という手順。

ただし、うちの環境に限ってかもしれませんが、2時間超の番組を1920x1080で変換させると、必ずMP4Boxが異常終了するっぽい。

レコーダーPCは、FSUSB2を含めて3万ちょっとで組んだ格安PCなので、番組の録画は全く問題ないけど、エンコードまでさせることを考えると、性能が足りていないんだろうなぁ。

スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー