SHINY DEVIL

BS/CS録画用にレコーダー代わりのPCをもう1台

Athlonで組んだレコーダーPCでしたが、とうとうBSやCSは音ズレが激しくて、まともに録画できるのが地デジだけになってしまったため、余ったパーツを使って、もう一台レコーダーPCを組むことにしました。

と言っても、マトモに使えるのはキャプチャカードとCPU(Core2Duo E63200)とメモリ1GBとPCケース(電源なし)しかなかったので、マザボと電源、HDDを買いに、よく行くPCショップへ。

キャプチャさえきちんとできれば性能は問わないので、とりあえず格安で組むために、マザボはASUSのP5GC-MX/1333。展示品で5,480円。電源はScytheのCORE POWER2の400Wで3,980円。HDDはSumsungの1TBで6,280円。

BSやCSはそんなに録画したい番組が多いわけじゃないので、PCもほとんど電源を落とした状態になるだろうから、そんなにすぐに壊れることもないだろう、という憶測(笑)

帰宅後はささっと組んで、WindowsXPを入れて、アイオーのGV-MVP/RX3をこちらのPCにインストールし、ふぬああの設定をして、とりあえず外部入力経由でのBS/CS録画環境は完成。

ついでに1TBのHDDをもうひとつ買ってきていたので、ウザくて放り投げていたピクセラのPIX-DT012-PP0と共にメインPCに接続。こちらはBS/CSをアンテナ経由で録画できるようにしようかと思ったけど…POLから落としてきたFF11用辞書が不正だ、とStationTV起動時に怒られる。なんでStationTVを起動するのに、FF11辞書なんかチェックしているんだろう…アヤシイな。

何はともあれ、「地デジ専用レコーダーPC」「BS/CSなど外部入力専用レコーダーPC」「サブ的な、地デジ/BS/CSが録画できるメインPC」が完成。なんか豪華なような、無駄なような。

そんなに録画するような番組なんかあるか?と言われると、地デジは主にNHKやTBSの世界遺産や絶景などの番組、CSでは音楽チャンネルや、子供向けアニメ映画などの録画がメインだったり。

しかし、ココまで来ると、ブルーレイ対応レコーダーの上位機種をひとつ買った方がよかったんじゃないか?とも思えてくるのが悲しいところだったり(´Д`)

スポンサーリンク

この記事をシェア

アカウントをフォロー