総合一覧

GoogleのOS『Chromium OS』を使ってみた

最近チラホラと見聞きするようになってきたGoogleのOS『Chromium OS』ですが、以下のサイトにVirtualBox用イメージが用意されていたので、ちょっとした時間を使って試しに使ってみました。

Chromium OS Vanilla のダウンロードサイト
http://chromeos.hexxeh.net/

VirtualBox以外に、VMWare用やUSBメモリ用のイメージファイルもあります。

さっそくVirtualBox用をダウンロードしてみましたが、すでにHDDイメージファイルの状態なので、新規登録から「すでにある仮想ハードドライブファイルを使用する」でダウンロードしたイメージファイルを選ぶだけ、というお手軽さでした。

起動してみたら、WindowsやMacintoshと違って、なーんにもない無骨な感じもするデスクトップ。

左下のGoogle Chromeの色が抜けたようなアイコンをクリックしてみると、ブラウザが全画面で立ち上がりました。

今のところできることは、ブラウザでインターネットを見ることくらい?正直、このOSでどこまでできるのかを調べないままに使ってみているので、他に何ができるのかがさっぱりわからず。

でも、起動も終了も速いし、とにかく動作も容量も軽い(4GBのUSBメモリで使えるくらい)ので、そろそろしんどくなってきた昔のネットブックなどで使えば、少なくとも「ネットブック」本来の利用範囲での利用価値は十分にあるかも。

とは言ってもタブレット全盛期。どこらへんに価値を見出すかは、十人十色なのかなぁ。

XPのサポートがもうじき切れるので、自宅で眠っているHP miniにでも入れてみようか…。


3D-CADの研修

今の会社には、一応システム管理者およびWeb管理者という立場での入社になったわけですが、そもそもは住宅メーカー(建築屋さん)なので、当然その手のアプリも使えるようにならないといけないわけで。

ということで、今日は外部から講師を招いての3D-CADの研修に参加しました。

正式名称はよくわからないのですが、図面を書いてそれを3Dのモデリングに変換して、家具なども置いて実際の家のイメージに近いところまで作成できるアプリなので、「3D-CAD」と呼んでいるのですが…この手のアプリは実際なんというジャンル?になるんだろう。

とりあえずライセンスキー(USBキー)が3桁万円もするものらしいので、自社にキーは1つだけ。講師が持ってきたキーと合わせて、一度に2人までしか動かせないので、他の人は実習ではなく講義状態。自分も講義組。

この手のアプリは動かしながらじゃないとなかなか覚えにくいものですが、さすがにお値段を聞いてしまったからには、ガマンするしかない…。

しかし、図面を描いてパース変換するだけで、かなり実際の家に近いところまでモデリングしてくれるのはすごいなー。お値段がもっともっと安価なら、自分用にひとつ欲しいくらい!


マイPCキター!

今の会社に入って半月が経ち、ついに自分のデスクにPCが到着!ようやく本職に入れることになりました!(笑)

入社前の打ち合わせでPCのスペックを話し合ったのですが、最初に提示されたのは最新3Dゲームがサクサク動いてしまうようなお高いPC。でも仕事にそこまでのスペックはいらないし、そんなスペックがあったらいろいろやりたくなってしまうので(おい!)、ミドルクラスあたりのPCをお願いしていたのでした。

ということで届いたのは、CPUがCore i5-3470S(2.90GHz)、メモリが8GB(PC3-12800)というもの。特に負荷のかかるような仕事をするわけではないので、これでも十分すぎるスペックな気がする。

最初の提示ではグラボ(GF-GTX680)も積んでいたけど、必要ないでしょ、ということでオンボのものに。

さーて、自分の使いやすいようにカスタマイズしていくぞ~!(笑)


GL01PにIIJmioのSIMを

イー・モバイルの景表法違反があったときに、GL01PをGL04Pに無償で機種変させてもらえたこともあって、GL01Pが不要になりました。

しばらくは箱にしまっておいたのですが、最近ツイッターのフォロワーさんからIIJmioの話を聞いたので、いろいろ調べてみて、GL01PにIIJmioのSIMを入れればPocketWi-Fiとして使えることがわかったので、さっそく契約してみることにしました。

プランは、mio高速モバイル/Dのミニマムスタートプラン。月945円で200Kbpsで使えるプラン。別途クーポンを購入すれば、下りで最大112.5Mbpsまで使えると言うもの。ただし、GL01P側の仕様でLTEは非対応で3G回線のみらしいですが…。

さて、そのIIJmioのSIMが今日届いたので、さっそく設定して使ってみましたが、スマフォでツイッターやWeb閲覧する程度なら200Kbpsでも十分かもしれない。

イー・モバイルのLTEならまだしも、docomoのXi(LTE)だとパケホだけで5,000円以上になることを考えたら、出先ではツイッター&Web閲覧のみ、という人はパケホよりずっとリーズナブルに使えるんじゃないかな。

その代わり、スマフォ2台を持ち歩くような状態になりますが…。

でも、ずっと無線LAN接続になるので、スマフォの電池を長持ちさせられるという利点も大きいかも。

今回は親が使う予定なので契約しましたが、ゆくゆくはイー・モバイルを解約して自分もIIJmioにしてしまってもいいかもしれない、と思い始めてきた…。


無線LANの謎

ルーターのログを、今まではsyslogが吐き出したそのままの状態で見ていたのですが、毎回MACアドレスなどを置換するのも面倒になったので、PHPでさくっとビューワーを作って、ここ数日のログを眺めていました。

すると、毎日0時~3時の間に、自分のiPhone4が1分置きに無線の認証を繰り返していることに気付きました。

他にも、Android機が割と認証エラーを繰り返していたり、スリープ中のWiiのアクセス頻度が多かったり、色分けやMACアドレスを機種名に置き換えなどをしてみると、今まで見落としていたことが意外に多くてびっくりでした。

そして気になるのが、アメリカと中国からのポートスキャン。今までも毎日のようにあったけど、ここ数日は1日に何度もあるらしい。

今までは面倒でたまにしかログチェックしていませんでしたが、せっかくビューワーも作ったことだし、毎日チェックすることにしよう。


PC-9821Beを引っ張り出す

ずっと部屋の片隅に放置されていたPC-9821Be/U7Wを、久しぶりに引っ張り出して電源を入れてみました。

10年くらいほったらかしになっていたはずですが、ちゃんと電源も入り、内蔵のHDDも無事みたい。MS-DOS 6.2が起動して、愛用していたメニューツールが読み込まれていました。

この本体のCバスにはPC-9801-86(通称86音源)とSuper-MPU(MIDI I/F)がささっていて、内蔵HDDは120MB、メモリが16MB。HDDにはWindows3.1も入れてあります。FDDは写真を見ての通り、3.5インチ2ドライブ+5インチ1ドライブ。

当時は○学生だったので当然自分では買えず、親に買ってもらったものなので、BASIC言語で曲を打ち込んだりゲームを作ってみたり、とにかく使い倒していた記憶があります。

Windows95が出た頃からDOS/V機(PC/AT互換機)を使うようになってしまったので、自分が最後に使っていたPC-9800シリーズになるかな。

良くも悪くも、昔はPC-9800シリーズがスタンダードともいえるくらい主流でしたっけ。


USBサウンドユニット購入

オンボードのサウンド機能をずっと使っていたのですが、数日前から急にジャックのセンサーがおかしくなったようで、何もしていないのに「何かささった!」「何か抜けた!」という通知が1~2秒おきに出るようになってしまいました。

ポップアップは抑制できるのに、自動認識機能を切ることができないようで、タスクバーのアイコンのところに常に通知の吹き出しが表示されるのがとにかくウザい!

ヘッドホン専用として使っている「Sound Blaster X-Fi Go! Pro」があるので、オンボードは無効化してこちらのX-Fiを使おうかとも考えたけど、ヘッドホンを使うときにジャックを抜き差しするのがイヤだったので、別のUSBサウンドデバイスを注文しました。

そして届いたのが一昨日。買ったのは「Sound Blaster Digital Music Premium HD」という、フォノ入力にも対応したもの。

USBでPCに接続するだけで使えるものですが、添付CDから専用ドライバを入れることで機能をフルに使えるとのことだったので、早速CDからドライバやアプリ一式をインストール。すんなり使えるようになったので、オンボードのサウンド機能は無効化しました。

しかし、しばらくするとなにやらエラーが。デバイスマネージャを見てみると、「Sound Blaster X-Fi Go! Pro」が原因不明のエラーで使えなくなっている!

ひとつのPCにSound Blasterをふたつ接続すると片方しか使えない、なんてことは聞いたことがないので、試しにX-Fiのドライバを削除して抜き差ししてみたところ、正常に使えるように。ドライバの設定が書き換わってしまっていたのかな…?

USBのサウンドユニットを使うことで、スピーカー配線をPCの後ろからひっぱる必要もなくなったので、ケーブル類が少しだけすっきりしたのは思わぬメリットでした。


Nexus7購入

もう何ヶ月もずーっと悩んでいたタブレットPCですが、ようやく決心してNexus7の32GBを買いました。値引き全くなしの24,800円でしたが、画面用フィルムと3年保証の方でサービスしてもらったので、ちょっとお得だったかな?

さっそく初期設定を済ませて使い始めてみましたが、CPUがTegra3なせいか、SH-09Dよりも快適。画面が7インチ800×1280なので広く使えるのもいい感じ。

ただ、やはり画質はSH-09Dの方が上かな。綺麗さは全然違う。でも、端末のお値段も全然違うし、これはこれで問題はなし。

どれだけ活用できるかはまだわかりませんが、使い倒してやる!(笑)


メインPCもワイヤレス化

今までメインPCはずっと有線のキーボードとマウスを使ってきました。ワイヤレスにしたかったけど、電池を使うのでスイッチのON/OFFが面倒だな、ということで。

しかし、ペンタブもあるし、デジカメ用USBケーブルだったり、ヘッドフォンのケーブルだったり、あまりにごちゃごちゃしてきてしまったので、なんとかならないものかと考えていたところ…。

ロジクールから、1つのレシーバーでキーボードとマウスが使えるUnifyingシリーズが出ていることを知り、試しにこれを使ってみることにしました。

今回買ったキーボードはK270、マウスはM325。特価になっていて、両方買っても2,500円でおつりが出るくらい。

さっそくレシーバーをPCにセットして使うわけですが、購入時に同梱されているレシーバーは認証ができているので、もう一方の機器を認証するだけでよし。例えば、キーボードに同梱のレシーバーをセットした場合は、キーボードはそのまま使えるのでマウスを認証すればよし。マウスのレシーバーをセットした場合はキーボードを認証すればよし。

認証させるためにはロジクールのサイトから認証用アプリをダウンロードしてこないといけないのは面倒ですが、それも最初に一度やればいいだけなので、前もって用意しておくといいかも。

自分の場合いままでのキーボードがPS2接続だったため、キーボードに同梱されたレシーバーをセットしてキーボードを先に使えるようにし、マウスは認証するまでUSBマウスで操作。ワイヤレスマウスを認証した後は、USBマウスを引っこ抜けばOK。

使ってみた感じ、キーボードはタッチ感覚などが自分には非常に使いやすく、これは買って良かったと思えるものでした。

マウスの方は、今までレーザーマウスを使っていたせいか、今回のLGTマウスにちょっと違和感。LGTとはレーザーグレードトラッキングの略で、光学式でありながらレーザーに近い性能があるんだとか。でも、明らかにレーザーより劣っている感じ。マウスパッドが畳風だからかな…。

あと、センサーの位置がマウスの真ん中ではなく親指側に偏っているため、自分のように手首だけで操作するクセのある人だと非常に使い辛い。

スクロールも普通のマウスより細かい(72段階のマイクロラチェット)けど、感度が良すぎるのか細かいスクロールをしたいときにはイライラさせられることも。ただ、一気にスクロールさせるようなときには、気持ちよく回ってくれるので良い感じ。

不満点がいくつかあるけど、せっかく買ったものだし、使わないのももったいないので、不満な部分は慣れるまでガマンしよう…。


PocketWi-Fiの代替機

イー・アクセスの景表法違反があったことで、自分の使っているGL01Pについての通知が来た。この機種は、LTE75Mbpsに対応しているはずだったのに、無線LANで使っていると最大で30Mbps程度しか速度がでないという不具合?もあったためだそうな。

年明けにリリースされる予定のファームウェアにバージョンアップすることで、「USB接続時には75Mbps対応」とのことですが、無線LANで使えないなら意味ない。そこで、通常であれば2年縛り中の解約は違約金がかかるけど、今回はこういう問題があったので違約金なしで解約ができるとのこと。また、希望者には無線LANで75Mbpsに対応している最新機種GL04Pを代替機種ということで無料で送付するとのこと。

自分としては、解約してしまうと不便になるので、サポセンに電話して代替機種への無料機種変を希望。

そして、電話して3日目にはGL04Pがもう手元に。サポセンの話では12月中旬以降になる、とのことでしたが、電話した翌日には発送されていたことになるかな。

GL01Pより一回り小さいけど重い…。電池容量が増えているのだろうか。

自宅周辺ではLTEが入らないエリアなので、まだGL04Pに変えたことによる恩恵はないけど、LTE75Mbpsが入るエリアに出掛けることも多いので、早く体感してみたいところ。


スポンサーリンク